オンライン カジノ ブログ

はじめによんでください

★ヒップホップの社会的課題★

Hip Hop and Social Issues

池田光穂

☆ 1970年代初頭にサウスブロンクスで発展したヒップホップ・ミュージックは、長い間アメリカの社会的不公正、特にアフリカ系アメリカ人の経験と結びつい てきた。ヒップホップアーティストたちは、警察の横暴、貧困、大量投獄、麻薬戦争といった社会的不公正に対して、歌詞の中で声を上げてきた。ヒップホップ 音楽と社会的不公正の関係は、ヒップホップの2つのサブジャンル、ギャングスタ・ラップとコンシャス・ラップにおいて最も明確に見ることができる。

★Hip hop and social injustice
Hip hop music, developed in the South Bronx in the early 1970s, has long been tied to social injustice in the United States, particularly that of the African American experience. Hip hop artists have spoken out in their lyrics against perceived social injustices such as police brutality, poverty, mass incarceration, and the war on drugs. The relationship between hip hop music and social injustice can be seen most clearly in two subgenres of hip hop, gangsta rap and conscious rap.

Political hip hop has been criticized by conservative politicians such as Mississippi State Senator Chris McDaniel[1] as divisive and promoting separatism due to some hip hop artists' pro-black and anti-establishment lyrical content. Musicologist Robert Walser disputes this, arguing that many white youth who are exposed to hip hop as children are more likely to have positive relationships with African Americans and resist racism from their parents or other sources out of respect for black artists they admire.[2][3]
☆ヒップホップと社会正義
1970年代初頭にサウスブロンクスで発展したヒップホップ・ミュージックは、長い間アメリカの社会的不公正、特にアフリカ系アメリカ人の経験と結びつい てきた。ヒップホップアーティストたちは、警察の横暴、貧困、大量投獄、麻薬戦争といった社会的不公正に対して、歌詞の中で声を上げてきた。ヒップホップ 音楽と社会的不公正の関係は、ヒップホップの2つのサブジャンル、ギャングスタ・ラップとコンシャス・ラップにおいて最も明確に見ることができる。

ポリティカル・ヒップホップは、ミシシッピ州上院議員のクリス・マクダニエル[1]のような保守的な政治家たちから、一部のヒップホップ・アーティストの 親ブラック的で反体制的な歌詞の内容から、分裂主義的で分離主義を助長するものとして批判されてきた。音楽学者ロバート・ウォルザーはこれに異論を唱え、 子供の頃にヒップホップに触れた多くの白人の若者は、アフリカ系アメリカ人と良好な関係を築き、尊敬する黒人アーティストへの敬意から両親や他のソースか らの人種差別に抵抗する可能性が高いと主張している[2][3]。
Social Injustice in American History starts from the very beginning from when America was first discovered in 1492 the year Columbus set sail. Once they discovered America they discovered something else, a new idea called "race".[4] Colonialism was the first social injustice to happen in American History. Colonialism was a geographical project that consisted of conquering other people, settling in foreign lands and extracting natural resources.[4] Later in American History beginning in the 17th century African men, women and children were kidnapped and were brought to the Americas under horrible conditions where it is believed that more than 2 million Africans died on the voyage to America.[5] Slavery mainly consisted of labor in the fields while a select few did domestic work around the owners home. It wasn't until 1863 that Abraham Lincoln signed the Emancipation Proclamation that would put an end to slavery. These men, women and children were discriminated against and treated very poorly. Discrimination is defined as "treatment on the basis of inadequately justified factors other than race that disadvantages a racial group".[6] After Slavery though things didn't get much better for Black people. Almost immediately they were segregated from the whites while not having a lot of say in the government because of literacy tests and taxes and the grandfather clause which stated that if your grandfather could vote than you don't have to take the literacy tests or pay the tax. After many years of hard fought political battles for black people in 1964 the civil rights act of 1964 was passed which made it illegal to discriminate against a person because of their color and it also ended segregation. Now modern era social injustices include employment discrimination amongst women, police brutality amongst minorities and educational inequality with poor areas of the United States.
ア メリカ史における社会的不公正は、コロンブスが出航した1492年にアメリカが初めて発見されたときから始まる。コロンブスがアメリカを発見した後、彼ら は「人種」という新しい概念を発見したのである。植民地主義は地理的なプロジェクトであり、他の人々を征服し、外国の土地に定住し、天然資源を採取するこ とから成っていた[4]。その後、アメリカ史では17世紀からアフリカの男性、女性、子供たちが誘拐され、アメリカへの航海で200万人以上のアフリカ人 が死亡したと考えられている恐ろしい状況でアメリカ大陸に連れて来られた[5]。エイブラハム・リンカーンが奴隷制に終止符を打つ奴隷解放宣言に署名した のは、1863年のことだった。これらの男性、女性、子どもたちは差別され、非常に粗末に扱われた。差別とは「人種集団に不利益を与える、人種以外の正当 化できない要因に基づく扱い」と定義される[6]。ほとんどすぐに白人から隔離され、識字率テストや税金、祖父が選挙権をもっていれば識字率テストを受け る必要も税金を払う必要もないという祖父条項のために、政府に対して多くの発言権を持つことはできなかった。長年にわたる黒人のための厳しい政治闘争の 後、1964年に公民権法が成立し、肌の色による差別が違法となり、人種隔離が廃止された。現代の社会的不公正には、女性の雇用差別、マイノリティの警察 による横暴、米国の貧困地域との教育格差などがある。
Music and politics
Music has long had a close relationship with politics and social injustice. Before the advent of recording technology and popular music, classical composers during the French Revolution composed music to support the democratic ideals of the revolution. An example of this is Ludwig van Beethoven's Symphony No. 3, originally entitled Bonaparte and dedicated to the French emperor Napoleon I, which was renamed Eroica after Beethoven felt Napoleon had forsaken the ideals of the Revolution.[8] Similarly, Italian opera composer Giuseppe Verdi's third opera Nabucco, which is based on the Biblical books of Jeremiah and Daniel, served as a rallying cry and anthem of sorts to the Risorgimento movement of Italian unification against the occupying Austrian empire.[9]
音楽と政治
音楽は長い間、政治や社会的不公正と密接な関係にあった。録音技術やポピュラー音楽が出現する以前、フランス革命期のクラシック作曲家たちは、革命の民主 的理想を支持するために音楽を作曲した。その一例が、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第3番で、当初はボナパルトと題され、フランス皇帝ナ ポレオン1世に捧げられていたが、ナポレオンが革命の理想を捨てたとベートーヴェンが感じたため、エロイカと改名された。 [同様に、イタリアのオペラ作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ第3番『ナブッコ』は、聖書のエレミヤ書とダニエル書を題材にしており、占領していた オーストリア帝国に対するイタリア統一のリソルジメント運動の叫びであり、賛歌のような役割を果たした[9]。
Protest songs in the United States
American folk music has a long tradition of music dealing with social injustice, a tradition which only became more popular and widespread with the advent of recording technology and the development of popular music. Some early music of this kind includes "Strange Fruit" by Billie Holiday and "The Bourgeois Blues" by Lead Belly, which decried injustices against the African American community.[10]

Protest music took on a new form in the 1960s and 70s with the advent of psychedelia and punk rock. Notable artists in this genre such as the Beatles, Bob Dylan, Jimi Hendrix, and Sam Cooke composed and released music that opposed the Vietnam War, supported the civil rights movement, and advocated for world peace.[11] Many of these artists were involved in or influential towards the "hippie" movement of these decades.[12] Since the 1980s and the rise in popularity of hip hop music, much of American hip hop music has come from this genre.
アメリカにおけるプロテスト・ソング
アメリカのフォーク・ミュージックには、社会的不公正を扱った音楽という長い伝統があるが、この伝統は、レコーディング技術の登場とポピュラー音楽の発展 によって初めて、よりポピュラーになり、広まった。この種の初期の音楽には、ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」やリード・ベリーの「ブルジョワ・ブルー ス」などがあり、アフリカ系アメリカ人コミュニティに対する不正を批判している[10]。

1960年代から70年代にかけて、サイケデリアとパンクロックの出現によって、プロテスト・ミュージックは新たな形をとるようになった。ビートルズ、ボ ブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、サム・クックなど、このジャンルの著名なアーティストたちは、ベトナム戦争に反対し、公民権運動を支持し、世界平和 を提唱する音楽を作曲し、リリースした[11]。これらのアーティストの多くは、この数十年代の「ヒッピー」運動に関与したり、影響を与えたりした [12]。
Gangsta rap
Gangsta rap, pioneered in the mid 1980s in Los Angeles, is characterized by explicit, often violent lyrics in opposition to police brutality, mass incarceration, and systemic racism. Despite its socially conscious elements, exemplified by songs like Ice-T's "6 in the Mornin'" and N.W.A's "Fuck tha Police", the genre often tended to utilize extensive profanity and mysoginistic lyrics, negatively affecting the public perception of the genre.[13] As the genre developed, more Southern California artists such as 2Pac and Snoop Dogg emerged and brought the genre to mainstream success with hits like "Gin and Juice" and "California Love". The gangsta rap phenomenon spread across the United States, with similar styles of music emerging in New York City by artists like Mobb Deep, Nas, and the Wu-Tang Clan. The politically outspoken element of gangsta rap exists to this day. A particularly potent example of this is YG's 2017 album Still Brazy, which features tracks like "FDT", "Police Get Away Wit Murder", and "Blacks & Browns" which denounce systemic racism and police brutality and advocate for unity between minority groups.[14]

While in the media the genre was referred to as gangsta rap, some artists within the sub-genre referred to it as "reality rap", feeling that the explicit and violent nature was a reflection of the reality that they lived in or had grown up in.[15]
ギャングスタ・ラップ
1980年代半ばにロサンゼルスで開拓されたギャングスタ・ラップは、警察の横暴、大量投獄、制度的人種差別に反対する露骨で、しばしば暴力的な歌詞が特 徴である。アイス-Tの「6 in the Mornin'」やN.W.Aの「Fuck tha Police」などに代表されるように、その社会的意識的な要素にもかかわらず、このジャンルはしばしば広範な冒涜的表現や同属嫌悪的な歌詞を使用する傾 向があり、このジャンルに対する一般的な認識に悪影響を与えた[13]。 このジャンルが発展するにつれ、2パックやスヌープ・ドッグなどの南カリフォルニア出身のアーティストが登場し、「ジン・アンド・ジュース」や「カリフォ ルニア・ラブ」などのヒット曲でこのジャンルをメインストリームに押し上げた。ギャングスタ・ラップ現象はアメリカ全土に広がり、ニューヨークではモブ・ ディープ、ナス、ウータン・クランなどのアーティストが同様のスタイルの音楽を生み出した。ギャングスタ・ラップの政治的に率直な要素は、今日まで存在し ている。その特に強力な例がYGの2017年のアルバム『Still Brazy』であり、「FDT」、「Police Get Away Wit Murder」、「Blacks & Browns」といった、制度的な人種差別や警察の残虐行為を糾弾し、マイノリティ・グループ間の結束を提唱する楽曲が収録されている[14]。

メディアではこのジャンルはギャングスタ・ラップと呼ばれていたが、サブジャンル内の一部のアーティストは「リアリティ・ラップ」と呼んでおり、露骨で暴力的な性質は彼らが住んでいる、もしくは育った現実の反映であると感じていた[15]。
Conscious rap
Conscious rap, also known as backpack rap or alternative hip hop, is a subgenre of hip hop which primarily features lyrical themes that highlight social injustice facing underprivileged communities in a more nuanced and subtle fashion than gangsta rap.[16] Conscious rap has its roots in the Black Arts Movement of the 1960s and 70s, with both poets and musicians such as The Last Poets and Watts Prophets kickstarting the movement of both artistic and political lyrics.[17] Throughout the 80s and 90s many record labels were hesitant to sign conscious or political rappers due to their fears that it was a sub-genre without a large audience and that the strong progressive opinions voiced in the lyrics could have negative repercussions for the label from conservative politicians and commentators who disagreed with the stances expressed in the music.[17] The first artists to gain popularity included Nas, A Tribe Called Quest, and Public Enemy, although the latter is often classified under Gangsta rap rather than conscious rap. Many of the most prominent figures in conscious hip hop emerged in the early 2000s in Chicago and New York, with artists like Mos Def, Lupe Fiasco, Talib Kweli, and Common bringing the genre to a wider audience. Conscious hip hop has continued to find success in the mainstream in recent years, as artists like Kendrick Lamar, J. Cole, Logic, and Joey Bada$$ have achieved mainstream success while promoting socially conscious messages.[17]
コンシャス・ラップ
バックパックラップやオルタナティヴ・ヒップホップとしても知られるコンシャス・ラップは、ギャングスタ・ラップよりも微妙なニュアンスで、恵まれないコ ミュニティが直面する社会的不公正を強調するリリックをテーマとするヒップホップのサブジャンルである[16]。コンシャス・ラップのルーツは1960年 代から70年代のブラック・アーツ・ムーヴメントにあり、ラスト・ポエッツやワッツ・プロフェッツといった詩人やミュージシャンが、芸術的かつ政治的なリ リックのムーヴメントを起こした。 [17]80年代から90年代にかけて、多くのレコードレーベルはコンシャス・ラッパーや政治的ラッパーと契約することを躊躇したが、それはコンシャス・ ラッパーが多くの聴衆を持たないサブジャンルであることや、歌詞の中で語られる強い進歩的な意見が、音楽で表現されるスタンスに反対する保守的な政治家や コメンテーターからレーベルに否定的な影響を与えることを恐れたためであった[17]。コンシャス・ヒップホップで最も著名な人物の多くは、2000年代 初頭にシカゴとニューヨークで登場し、モス・デフ、ルーペ・フィアスコ、タリブ・クウェリ、コモンなどのアーティストがこのジャンルをより多くのオーディ エンスに広めた。コンシャス・ヒップホップは近年メインストリームで成功を収め続けており、ケンドリック・ラマー、J・コール、ロジック、ジョーイ・バダ $などのアーティストが社会的なメッセージを発信しながらメインストリームで成功を収めている[17]。
Public Enemy
New York City based rap crew Public Enemy was one of the first hip hop artists to be both popular in the hip hop community and outspoken about political and racial issues. Their lyrics contain criticism of law enforcement ("Fight the Power", "911 is a Joke") and white Americans and modern racism ("Fear of a Black Planet", etc.), and promote social change with regard to the treatment of African Americans by the white community ("Revolutionary Generation").

Public Enemy's lyrics were meant to be shocking and hostile, as they went against the norm for American culture at the time and cultivated an image in the media as a "gangsta group".[2] Chuck D has also been outspoken about his views on capitalism and its link with racism, economic exploitation, oppression of minorities in the United States, and has called for unification within the black community. "They'll tell you capitalism sees no color, but at the same time the ones that all feel they have something in common with each other become the most powerful block right there, and it stomps upon those that don't fit that mold. And the only way that you can exist within that mold is that you have to put together a 'posse,' or a team to be able to penetrate that structure. [...] we [black Americans] as a constituency have to stick together and realize that we all have something in common with each other."[2]

N.W.A
N.W.A was a Los Angeles rap group made up of future hip hop legends such as Dr. Dre, Ice Cube, Eazy-E, and MC Ren. As pioneers of the gangsta rap subgenre along with Ice T, N.W.A. is best known for its politically charged, profanity filled singles "Fuck tha Police" and "Straight Outta Compton" which painted stark portraits of violence in the poverty-stricken ghettos of Compton, California and the prevalence of police brutality.[18] However, the misogyny and profanity in the group’s lyrics as well as their image as violent and dangerous negatively affected the public perception of N.W.A., gangsta rap, and all hip hop music in general.[19] Their debut studio album, Straight Outta Compton, was banned from radio stations and received virtually no promotion from any major media source, yet has gone on to receive triple-platinum certification from the RIAA and is widely considered one of the most influential albums of all time. A 2015 biopic film, also entitled Straight Outta Compton, helped solidify N.W.A.'s cultural legacy that culminated with an induction into the Rock and Roll Hall of Fame in 2016.[20]

2Pac
Tupac Shakur, more commonly known by his stage name 2Pac, is one of the best-selling artists of all time and has influenced countless hip hop artists, making his social commentary in his lyrics all the more visible.[21] Shakur's parents were both members of the Black Panther Party,[22] and Tupac's lyrical content had a relatively wide range which included violent and aggressive gangsta rap ("Hit 'Em Up", "Me and My Girlfriend", "Ambitionz Az a Ridah") to emotionally-charged conscious rap ("Changes", "Trapped", "Keep Ya Head Up", "Brenda's Got a Baby"). A few of these songs in particular serve as strong denunciations of social injustice.

Tupac has been an influence to hip hop artists since his death as both a musical artist and as an icon of social justice. Artists such as Kendrick Lamar, Tory Lanez, J. Cole, and Eminem have all cited Shakur as an influence on their music and their message.[23][24]

Kanye West
Chicago based rapper, singer, producer, and fashion designer Kanye West, who rose to prominence in the early 2000s and has since amassed tremendous critical acclaim and commercial success, has been known for his outspoken opinions and lyrics on racial and social issues since his debut album The College Dropout (2004). The album featured lyrical topics such as the dangers of consumerism, poverty, racism, mass incarceration, and the downsides of higher education.[25] On a single from The College Dropout, "All Falls Down", West criticized the police and the lack of social mobility in the U.S.

Since the mid-2000s, West has continued to comment on social injustice in his music. Notable examples include 2013's "New Slaves", which comments on the racism West has encountered as an African American in the European-dominated field of high fashion and 2005's "Crack Music" which comments on the War on Drugs, the American crack epidemic, and references the Black Panthers.

West has been spoken out against social injustice outside of music as well. He infamously made headlines in 2005 for his remark "George Bush doesn't care about black people" during a live broadcast relief concert for the victims of Hurricane Katrina.[citation needed] West's comment is usually attributed to his frustration with Bush and FEMA's perceived slow response to the disaster while the majority-black residents of urban New Orleans suffered.[26] That same year, West spoke out against homophobia in hip hop culture during an MTV interview.[27]

Lupe Fiasco
Chicago artist Lupe Fiasco has long been one of the most outspoken conscious rappers since his debut album Lupe Fiasco's Food & Liquor in 2006. Fiasco's lyrics include topics such as mass incarceration ("Prisoner 1 & 2"), poverty in African American ghettos ("Hurt Me Soul", "Deliver"), child soldiers in Africa ("Little Weapon"), the Syrian Refugee crisis ("Alan Forever"), misogyny ("Bitch Bad"), and systemic racism throughout American history ("Around My Way (Freedom Ain't Free)").[28]

In an interview with Bill O'Reilly in 2011, Fiasco talked about the nature of his music and its political influence, saying, "My fight against terrorism, to me, the biggest terrorist is Obama and the United States of America. I'm trying to fight the terrorism that's actually causing the other forms of terrorism. You know, the root cause of terrorism is the stuff the U.S. government allows to happen. The foreign policies that we have in place in different countries that inspire people to become terrorists."[29] In January 2013, Fiasco was removed from the stage of a pre-inauguration concert in Washington, D.C. after performing the politically charged song "Words I never said" for 30 minutes. The song includes lyrics that are critical of Obama such as "Gaza Strip was getting bombed, Obama didn’t say s—t [sic], That's why I ain't vote for him, next one either."[30]

J. Cole
North Carolina native J. Cole's 2011 debut album Cole World: The Sideline Story features socially conscious lyrics on tracks such as "Lights Please" and "Lost Ones". Cole, along with Kendrick Lamar and Kanye West have played the biggest role in bringing conscious hip hop to a global audience in recent years.[31] Cole's third album 2014 Forest Hills Drive was the first conscious hip hop album (and one of the first hip hop albums) to go double platinum without any features from other artists.[32] Throughout his career, J. Cole's music has taken a more conscious tone, most notably on his 2017 album KOD, which features anti-drug themes, "Once an Addict (Interlude)", and commentary on the American tax system, "Brackets".

Meek Mill
Philadelphia rapper Meek Mill has become a symbol for prison reform in recent years. While most of his music prior to 2018 is not categorized as conscious, political, or gangsta rap, the tone of his music changed after serving six months of a two to four-year sentence for violating parole. Since being released, his music has taken a political turn, with songs like "What's Free", "Oodles O' Noodles Babies", and "Stay Woke" calling out the criminal justice system for systemic racism and discussing the effect of poverty on black youths across America. Meek Mill's case was allegedly mishandled on multiple occasions, with Judge Genece Brinkley under investigation by the FBI for partial treatment of Mill's case and one of the officers involved in the 2007 arrest under investigation for corruption as well.[33] Meek's activism is not limited to lyrics; he has publicly advocated for prison reform on platforms such as CNN.[34]

Kendrick Lamar

Conscious rapper Kendrick Lamar has seen tremendous success in the mainstream in recent years.
Kendrick Lamar has been one of the 2010s' most famous conscious rappers, discussing a wide range of topics in his lyrics from domestic violence ("No Makeup [Her Vice]"), the American crack epidemic ("ADHD"), gang violence ("m.A.A.d. city"), African American identity ("The Blacker the Berry"), racism ("Complexion"), and gun violence ("XXX."). Lamar's 2015 hit "Alright" became a rallying cry for the Black Lives Matter movement, symbolizing hope and optimism in the face of discrimination and persecution.[35][36]

Lamar was at the center of a recent controversy regarding a set of lyrics from his 2015 song "Alright" in which he states: "And we hate po po, wanna kill us dead in the streets for sure." This line was read in a Fox News segment featuring Geraldo Rivera, Dana Perino, Eric Bolling, and Kimberly Guilfoyle, during which Rivera responded, "[. . .]this is why I say that hip hop has done more damage to young African Americans than racism in recent years".[citation needed] Lamar then responded to this comment in his 2017 songs "DNA." and "YAH.", denouncing the perceived ignorance in his statement.

Joey Badass
Brooklyn rapper Joey Badass's 2017 sophomore album, All-Amerikkkan Badass, is largely political, criticizing Donald Trump ("Rockabye Baby"), police brutality ("Land of the Free"), and systemic racism ("Y U Don't Love Me? (Miss Amerikkka")"). The Brooklyn native has achieved critical acclaim[37] as well commercial success following a more traditional "boom bap" musical style and lyrics involving social injustice.
パブリック・エネミー
ニューヨークを拠点とするラップ・クルー、パブリック・エナミーは、ヒップホップ・コミュニティで人気を博すと同時に、政治や人種問題について率直な発言 をした最初のヒップホップ・アーティストの1人である。彼らの歌詞には、法執行機関("Fight the Power"、"911 is a Joke")や白人アメリカ人、現代の人種差別("Fear of a Black Planet "など)への批判が含まれ、白人社会によるアフリカ系アメリカ人の扱い("Revolutionary Generation")に関して社会変革を促している。

パブリック・エナミーの歌詞は、当時のアメリカ文化の常識に反し、「ギャングスタ・グループ」としてのイメージをメディアに植え付けたため、衝撃的で敵対 的なものであった[2]。チャック・Dはまた、資本主義とその人種差別、経済的搾取、アメリカにおけるマイノリティの抑圧との関連性について率直な意見を 述べ、黒人コミュニティ内の統一を呼びかけている。「資本主義には肌の色などないと彼らは言うだろうが、同時に、自分たちに共通点があると感じる者同士が 最強のブロックとなり、その型にはまらない者を踏みつける。そして、その型の中で存在する唯一の方法は、その構造を突き破ることができる「ポッセ」、つま りチームを結成することだ。[......)私たち(黒人アメリカ人)は、構成員として団結し、私たち全員が互いに共通する何かを持っていることに気づか なければならない」[2]。

N.W.A
N.W.Aは、ドクター・ドレー、アイス・キューブ、イージー・E、MC・レンといった後のヒップホップ界のレジェンドたちで構成されたロサンゼルスの ラップ・グループである。アイス・Tとともにギャングスタ・ラップというサブジャンルのパイオニアであるN.W.A.は、カリフォルニア州コンプトンの貧 困にあえぐゲットーでの暴力と、警察の横暴の蔓延を鮮明に描いた、政治色が強く冒涜的なシングル「Fuck tha Police」と「Straight Outta Compton」で最もよく知られている[18]。しかし、グループの歌詞に含まれる女性差別と冒涜的な表現、そして暴力的で危険なイメージは、 N.W.A.に対する世間の認識に悪影響を与えた、 彼らのデビュースタジオアルバム『Straight Outta Compton』は、ラジオ局からの放送が禁止され、主要メディアからのプロモーションもほぼ皆無であったにもかかわらず、RIAAからトリプルプラチナ 認定を受け、史上最も影響力のあるアルバムのひとつと広く見なされている[19]。2015年に公開された伝記映画『Straight Outta Compton』は、N.W.A.の文化的遺産を確固たるものにし、2016年にはロックの殿堂入りを果たした[20]。

2パック
2パックという芸名で知られるトゥパック・シャクールは、史上最も売れたアーティストの一人であり、数え切れないほどのヒップホップアーティストに影響を 与え、彼のリリックにおける社会的論評をより際立たせている。 [21]シャカーの両親は共にブラックパンサー党員であり[22]、トゥパックの歌詞の内容は暴力的で攻撃的なギャングスタ・ラップ(「Hit 'Em Up」、「Me and My Girlfriend」、「Ambitionz Az a Ridah」)から感情を揺さぶるコンシャス・ラップ(「Changes」、「Trapped」、「Keep Ya Head Up」、「Brenda's Got a Baby」)まで、比較的幅広いものであった。特にこれらの曲のいくつかは、社会的不公正を強く非難するものとなっている。

トゥパックは死後、音楽アーティストとして、また社会正義の象徴として、ヒップホップ・アーティストたちに影響を与えてきた。ケンドリック・ラマー、ト リー・レーンズ、J.コール、エミネムなどのアーティストは皆、自分たちの音楽やメッセージに影響を与えた人物としてシャクールを挙げている[23] [24]。

カニエ・ウェスト
シカゴを拠点に活動するラッパー、シンガー、プロデューサー、ファッションデザイナーであるカニエ・ウェストは、2000年代初頭に頭角を現し、それ以 来、批評家たちから絶大な評価と商業的成功を収めており、デビューアルバム『The College Dropout』(2004年)以来、人種問題や社会問題に対する率直な意見や歌詞で知られている。同アルバムでは、消費主義の危険性、貧困、人種差別、 大量投獄、高等教育の弊害などを歌詞のテーマとして取り上げている[25]。『The College Dropout』からのシングル「All Falls Down」では、ウェストは警察やアメリカにおける社会的流動性の欠如を批判している。

2000年代半ば以降、ウェストは自身の音楽の中で社会的不公正についてコメントし続けてきた。代表的な例としては、2013年の "New Slaves "がある。この曲は、ヨーロッパ人が支配するハイファッションの分野で、ウェストがアフリカ系アメリカ人として遭遇した人種差別についてコメントしたもの で、2005年の "Crack Music "は、麻薬戦争、アメリカのクラック蔓延についてコメントし、ブラックパンサーについて言及している。

ウェストは音楽以外でも社会的不公正に対して発言している。2005年、ハリケーン・カトリーナの被災者のための救援コンサートを生中継した際、「ジョー ジ・ブッシュは黒人のことなど気にかけていない」と発言し、悪名高い話題となった[要出典]。ウエストの発言は通常、ニューオーリンズの都市部に住む大多 数の黒人住民が苦しむ中、ブッシュとFEMAが災害への対応が遅いと認識していることに対する彼の不満に起因しているとされている[26]。

ルーペ・フィアスコ
2006年のデビュー・アルバム『Lupe Fiasco's Food & Liquor』以来、シカゴ出身のアーティスト、ルーペ・フィアスコは最も率直なコンシャス・ラッパーのひとりである。フィアスコの歌詞には、大量投獄 ("Prisoner 1 & 2")、アフリカ系アメリカ人のゲットーにおける貧困("Hurt Me Soul"、"Deliver")、アフリカの子ども兵士("Little Weapon")、シリア難民危機("Alan Forever")、女性差別("Bitch Bad")、アメリカの歴史を通しての体系的な人種差別("Around My Way (Freedom Ain't Free)")などのトピックが含まれている[28]。

2011年のビル・オライリーとのインタビューで、フィアスコは自身の音楽の本質とその政治的影響力について語り、「テロとの戦い、僕にとって最大のテロ リストはオバマとアメリカ合衆国だ。僕は、他の形のテロリズムを実際に引き起こしているテロリズムと戦おうとしているんだ。テロの根本的な原因は、アメリ カ政府が許していることなんだ。2013年1月、フィアスコはワシントンD.C.で行われた就任前コンサートで、政治色の強い曲「Words I never said」を30分間演奏した後、ステージから降ろされた。この曲には、「ガザ地区が空爆されたのに、オバマは何も言わなかった、だから俺は彼に投票しな いし、次も投票しない」といったオバマに批判的な歌詞が含まれている[30]。

J. コール
ノースカロライナ出身のJ.コールの2011年のデビューアルバム『Cole World』: Lights Please "や "Lost Ones "など、社会的な歌詞が特徴。コールは、ケンドリック・ラマーやカニエ・ウェストとともに、コンシャス・ヒップホップを世界中の聴衆に広める上で近年最大 の役割を果たした[31]。コールのサード・アルバム『2014 Forest Hills Drive』は、他のアーティストのフィーチャリングなしでダブル・プラチナを獲得した初のコンシャス・ヒップホップ・アルバム(そして初のヒップホッ プ・アルバムのひとつ)である。 [32]彼のキャリアを通して、J.コールの音楽はより意識的なトーンを取っており、特に2017年のアルバム「KOD」では、反ドラッグをテーマとした 「Once an Addict (Interlude)」やアメリカの税制に関するコメント「Brackets」を収録している。

ミーク・ミル
フィラデルフィアのラッパー、ミーク・ミルは近年、刑務所改革のシンボルとなっている。2018年以前の彼の音楽のほとんどは、コンシャス、政治的、ギャ ングスタ・ラップには分類されないが、仮釈放違反で2年から4年の刑期のうち半年を服役した後、音楽のトーンが変わった。What's Free」、「Oodles O' Noodles Babies」、「Stay Woke」といった曲で、制度的人種差別を刑事司法制度に訴え、貧困がアメリカ中の黒人の若者に与える影響を論じている。ミーク・ミルの事件は何度も誤っ て処理されたとされ、ジーンス・ブリンクリー判事はミルの事件の一部処理についてFBIの調査を受けており、2007年の逮捕に関与した警官の1人も汚職 で調査を受けている[33]。ミークの活動は歌詞だけにとどまらず、CNNなどのプラットフォームで公に刑務所改革を提唱している[34]。

ケンドリック・ラマー

コンシャス・ラッパーのケンドリック・ラマーは、近年メインストリームで大きな成功を収めている。
ケンドリック・ラマーは2010年代で最も有名なコンシャス・ラッパーの一人であり、家庭内暴力(「No Makeup [Her Vice]」)、アメリカのクラック蔓延(「ADHD」)、ギャングによる暴力(「m.A.A.d. city」)、アフリカ系アメリカ人のアイデンティティ(「The Blacker the Berry」)、人種差別(「Complexion」)、銃による暴力(「XXX.) ラマーの2015年のヒット曲「Alright」は、差別や迫害に直面したときの希望と楽観主義を象徴し、ブラック・ライヴズ・マター運動の叫びとなった [35][36]。

ラマーは最近、2015年の曲「Alright」の歌詞の一節に関する論争の中心にいた: "そして俺たちはポポを憎み、俺たちをストリートで殺したいんだ"。このセリフは、ジェラルド・リヴェラ、ダナ・ペリーノ、エリック・ボリング、キンバ リー・ギルフォイルが出演したフォックス・ニュースのコーナーで読まれ、その中でリヴェラは「[ ... ]これが、私がヒップホップが近年の人種差別よりもアフリカ系アメリカ人の若者に大きなダメージを与えたと言う理由だ」と反論した[要出典]。ラマーはそ の後、2017年の楽曲「DNA.」と「YAH.」でこの発言に反論し、彼の発言に含まれる無知を糾弾した。

ジョーイ・バッドアス
ブルックリン出身のラッパー、ジョーイ・バダスの2017年の2ndアルバム『All-Amerikkkan Badass』は、ドナルド・トランプ("Rockabye Baby")、警察の残虐行為("Land of the Free")、体系的な人種差別("Y U Don't Love Me? (Miss Amerikkka"))を批判するなど、大部分が政治的な内容となっている。ブルックリン出身の彼は、より伝統的な "ブーム・バップ "の音楽スタイルと社会的不公正に関わる歌詞で、批評家の称賛[37]を得るとともに商業的な成功を収めた。
LGBTQ representations in hip hop music
Hip hop music has had a controversial relationship with the LGBTQ+ community. Homophobia in the form of slurs and violent lyrics towards LGBTQ+ individuals has existed in hip hop music for decades. Most infamously, Eminem, the best-selling hip hop artist of all time, has been accused of homophobia numerous times due to his use of homophobic slurs in his lyrics such as these from his 2001 song "Criminal" from The Marshall Mathers LP.

Eminem has addressed his use of the homophobic slurs "fag" and "faggot" in his lyrics, claiming that he doesn't use it to specifically demean homosexuals but instead to insult one's manhood.[38] He also famously performed his hit song "Stan" with openly gay singer Elton John at the 2001 Grammy Awards in an attempt to publicly reconcile with the LGBT community.[39]

However, in more recent years hip hop has developed a more inclusive attitude towards the LGBTQ+ community. Several hip hop artists have spoken out against homophobia and in support of LGBTQ+ rights, with the most popular instance of this being Seattle-based hip hop duo Macklemore & Ryan Lewis's Grammy-nominated single "Same Love" from 2012. The single has gone triple platinum in the U.S. and 9× Platinum in other English speaking countries, and focuses on common misconceptions about homosexuality. Macklemore specifically focuses on the effect of social media and the internet on homophobia and LGBTQ+ intolerance, as well as the hip hop community's historical intolerance of the LGBTQ+ community.

In recent years, more hip hop artists have come out as gay, lesbian, or bisexual. Artists such as Frank Ocean, Tyler the Creator,[40] Kevin Abstract, Young M.A., ILoveMakonnen,[41] Taylor Bennett, and Lil Peep[42][43] have been open about their LGBTQ identities and made the genre more inclusive and accepting.

L.A. based hip hop group Brockhampton rose to prominence in hip hop in 2017. The group's frontman Kevin Abstract is openly gay and has talked in interviews about his desire to make a change in the perception of homosexuality in the hip hop community through normalizing it. "I don’t want to be a queer icon," Abstract told NME in an interview in 2018. "I want to be an icon. [...] In order to make a change, I have to exist in a traditionally homophobic space such as hip-hop. If I were to just be this queer rapper, who only spoke to queer kids, I don’t think I could as effectively make a change for another young, black queer kid growing up in Texas."[44]
ヒップホップ・ミュージックにおけるLGBTQの表現
ヒップホップ・ミュージックは、LGBTQ+コミュニティと論争を巻き起こしてきた。LGBTQ+の人々に対する中傷や暴力的な歌詞という形の同性愛嫌悪 は、何十年もの間、ヒップホップ・ミュージックに存在してきた。最も悪名高いのは、史上最も売れたヒップホップ・アーティストであるエミネムだが、 2001年に発表した『The Marshall Mathers LP』収録曲「Criminal」のような同性愛嫌悪の中傷を歌詞に用いたことで、何度も同性愛嫌悪で非難されている。

エミネムは、歌詞の中で同性愛嫌悪の中傷である「ホモ」や「ホモ」を使っていることについて、特に同性愛者を貶めるために使っているのではなく、男らしさ を侮辱するために使っていると主張している[38]。また、2001年のグラミー賞で、LGBTコミュニティと公的に和解する試みとして、オープンリー・ ゲイのシンガーであるエルトン・ジョンとヒット曲「Stan」を共演したことは有名である[39]。

しかし近年、ヒップホップはLGBTQ+コミュニティに対して、より包括的な態度を打ち出している。何人かのヒップホップ・アーティストが同性愛嫌悪に反 対し、LGBTQ+の権利を支持する発言をしており、その最も有名な例が、シアトルを拠点とするヒップホップ・デュオ、マックルモア&ライアン・ルイスの 2012年のグラミー賞にノミネートされたシングル「Same Love」である。このシングルは米国でトリプル・プラチナ、その他の英語圏では9×プラチナを獲得しており、同性愛に関する一般的な誤解に焦点を当てて いる。マックルモアは特に、ソーシャルメディアやインターネットが同性愛嫌悪やLGBTQ+不寛容に与える影響、そしてヒップホップ・コミュニティが LGBTQ+コミュニティに対して歴史的に不寛容であることに焦点を当てている。

近年、ゲイ、レズビアン、バイセクシャルであることをカミングアウトするヒップホップ・アーティストが増えている。フランク・オーシャン、タイラー・ザ・ クリエイター、ケヴィン・アブストラクト[40]、ヤングM.A.、ILoveMakonnen、テイラー・ベネット[41]、リル・ピープ[42] [43]などのアーティストがLGBTQであることをオープンにし、このジャンルをより包括的で受け入れやすいものにしている。

L.A.を拠点とするヒップホップ・グループ、ブロックハンプトンは2017年にヒップホップ界で脚光を浴びた。グループのフロントマンであるケヴィン・ アブストラクトは同性愛者であることをオープンにしており、ヒップホップ・コミュニティにおける同性愛の認識を正常化することで変化をもたらしたいという 思いをインタビューで語っている。"僕はクィア・アイコンにはなりたくないんだ "と、アブストラクトは2018年のインタビューでNMEに語った。「アイコンになりたいんだ。[変化を起こすためには、ヒップホップのような伝統的に同 性愛嫌悪の空間に存在しなければならない。もし私がただこのクィア・ラッパーで、クィア・キッズにしか話しかけなかったとしたら、テキサスで育っている別 の若い黒人のクィア・キッズのために、効果的に変化を起こすことはできないと思う」[44]。
Donald Trump and hip hop
Donald Trump, 45th president of the United States, has had a long and complicated relationship with hip hop. Prior to 2015, many references to Donald Trump were made in hip hop music, mostly celebrating his status as a symbol of wealth, power, and machismo.[45] However, since his incendiary 2016 presidential campaign, references to the president in hip hop have been overwhelmingly negative, criticizing Trump's perceived racist views. References in YG's "FDT", Joey Bada$$'s "Rockabye Baby" and "Land of the Free", Eminem's "Campaign Speech" and 2017 BET cypher, Denzel Curry's "Sirens", Joyner Lucas' "I'm Not Racist" and many more all criticize or even threaten Trump for his divisive rhetoric and alleged racist views and policies.[46] However, a prominent example of support for Donald Trump within the hip hop community has come from rapper and producer Kanye West, who has voiced his support for Trump during rants within his concerts, multiple tweets including pictures wearing Trump's signature MAGA hat, and even lyrics on his song "Ye Vs. The People."[47] West has since distanced himself from politics and implied withdrawing support for Trump.[48]
ドナルド・トランプとヒップホップ
第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプは、ヒップホップと長く複雑な関係にあった。2015年以前は、ヒップホップ音楽の中でドナルド・トラ ンプへの言及が多く見られ、そのほとんどが富、権力、そしてマチズモの象徴としての彼の地位を讃えるものだった[45]。しかし、彼の扇動的な2016年 の大統領選挙キャンペーン以降、ヒップホップにおける大統領への言及は圧倒的に否定的なものが多くなり、トランプの人種差別的な見解を批判するようになっ た。YGの "FDT"、Joey Bada$$の "Rockabye Baby "と "Land of the Free"、エミネムの "Campaign Speech "と2017年のBETサイファー、Denzel Curryの "Sirens"、Joyner Lucasの "I'm Not Racist "などの曲はすべて、彼の分裂的なレトリックや人種差別的な見解や政策についてトランプを批判したり、脅したりしている。 [46]しかし、ヒップホップコミュニティにおけるドナルド・トランプ支持の顕著な例は、ラッパー兼プロデューサーのカニエ・ウェストによるもので、彼は 自身のコンサート内での暴言、トランプの特徴であるMAGAハットを被った写真を含む複数のツイート、さらには自身の曲「Ye Vs. 47]。ウェストはその後、政治から距離を置き、トランプ支持の撤回をほのめかしている[48]。
Social justice
List of political hip hop artists
Jihadism and hip hop
Hip-hop feminism
Homophobia in hip hop culture
List of murdered hip hop musicians



リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j