オンライン カジノ ブログ

はじめによんでください

ロジスティクス

Logistics

池田光穂

☆ ロジスティクスとは、サプライチェーンマネジメントの一部であり、顧客 のニーズに応じて、商品、サービス、関連情報を出発点から消費点まで効率的に前方および後方へ流すことを扱う。 ロジスティクスマネジメントは、サプライチェーンをまとめる構成要素である。ロジスティクスで管理される資源には、資材、装備品、消耗品などの有形 財のほか、食料品やその他の消耗品も含まれる。 軍事ロジスティクス(兵站)では、兵員そのものの輸送とは別に、食糧、軍備、弾薬、予備部品などの陸軍補給線を維持することに関係する。一方、民間ロジスティクス は、原材料、半製品、完成品の入手、移動、保管を扱う。ゴミ収集、郵便配達、公共事業、アフターサービスなどのサービスを提供する組織についても、ロジス ティクスの問題に対処する必要がある。 ロジスティクスの複雑さは、専用のシミュレーションソフトによってモデル化し、分析し、視覚化し、最適化することができる。資源の使用を最小限に抑えるこ とは、すべてのロジスティクス分野で共通の動機である。物流管理の分野で働く専門家はロジスティシャンと呼ばれる。

★Logistics is a part of supply chain management that deals with the efficient forward and reverse flow of goods, services, and related information from the point of origin to the point of consumption according to the needs of customers.[2][3] Logistics management is a component that holds the supply chain together.[3] The resources managed in logistics may include tangible goods such as materials, equipment, and supplies, as well as food and other consumable items.

In military logistics, it is concerned with maintaining army supply lines with food, armaments, ammunitions, and spare parts apart from the transportation of troops themselves. Meanwhile, civil logistics deals with the acquisition, movement, and storage of raw materials, semi-finished goods, and finished goods. For organisations that provide services such as garbage collection, mail deliveries, public utilities, and after-sales services, logistical problems also need to be addressed.[2]

Logistics deals with movements of materials or products from one facility to another (e.g. from the production facility to assembly plants to distribution centers); it does not deal with the material flow within the production or assembly plants (e.g. production planning or single-machine scheduling).[2] Logistics occupies a significant amount of the operational cost of an organisation or country. For example, logistical costs of organizations in the United States incurred about 11% of United States national gross domestic product (GDP) in 1997. Such a situation is also similar for the countries in the European Union (EU) where logistics incurred 8.8 to 11.5% of the national GDP in 1993.[2]

The complexity of logistics can be modeled, analyzed, visualized, and optimized by dedicated simulation software. The minimization of the use of resources is a common motivation in all logistics fields. A professional working in the field of logistics management is called a logistician.
ロジスティクスとは、サプライチェーンマネジメントの一部であり、顧客 のニーズに応じて、商品、サービス、関連情報を出発点から消費点まで効率的に前方および後方へ流すことを扱う[2][3]。 ロジスティクスマネジメントは、サプライチェーンをまとめる構成要素である[3]。ロジスティクスで管理される資源には、資材、装備品、消耗品などの有形 財のほか、食料品やその他の消耗品も含まれる。

軍事ロジスティクスでは、兵員そのものの輸送とは別に、食糧、軍備、弾薬、予備部品などの陸軍補給線を維持することに関係する。一方、民間ロジスティクス は、原材料、半製品、完成品の入手、移動、保管を扱う。ゴミ収集、郵便配達、公共事業、アフターサービスなどのサービスを提供する組織についても、ロジス ティクスの問題に対処する必要がある[2]。

ロジスティクスは、ある施設から別の施設へ(例えば、生産施設から組立工場、配送センターへ)の材料や製品の移動を扱うが、生産工場や組立工場内の材料の 流れ(例えば、生産計画や単一機械のスケジューリング)は扱わない[2]。例えば、米国の組織の物流コストは、1997年に米国の国内総生産(GDP)の 約11%を占めた。このような状況は、欧州連合(EU)の国々でも同様であり、1993年にはロジスティクスは国内総生産の8.8~11.5%を占めてい た[2]。

ロジスティクスの複雑さは、専用のシミュレーションソフトによってモデル化し、分析し、視覚化し、最適化することができる。資源の使用を最小限に抑えるこ とは、すべてのロジスティクス分野で共通の動機である。物流管理の分野で働く専門家はロジスティシャンと呼ばれる。
Nomenclature
The term logistics is attested in English from 1846, and is from French: logistique, where it was either coined or popularized by Swiss military officer and writer Antoine-Henri Jomini, who defined it in his Summary of the Art of War (Précis de l'Art de la Guerre). The term appears in the 1830 edition, then titled Analytic Table (Tableau Analytique),[4] and Jomini explains that it is derived from French: logis, lit. 'lodgings' (cognate to English lodge), in the terms French: maréchal des logis, lit. 'marshall of lodgings' and French: major-général des logis, lit. 'major-general of lodging':

Autrefois les officiers de l’état-major se nommaient: maréchal des logis, major-général des logis; de là est venu le terme de logistique, qu’on emploie pour désigner ce qui se rapporte aux marches d’une armée. Formerly the officers of the general staff were named: marshall of lodgings, major-general of lodgings; from there came the term of logistics [logistique], which we employ to designate those who are in charge of the functioning of an army.

The term is credited to Jomini, and the term and its etymology criticized by Georges de Chambray in 1832, writing:[5]

Logistique: Ce mot me paraît être tout-à-fait nouveau, car je ne l'avais encore vu nulle part dans la littérature militaire. … il paraît le faire dériver du mot logis, étymologie singulière …


Logistic: This word appears to me to be completely new, as I have not yet seen it anywhere in military literature. … he appears to derive it from the word lodgings [logis], a peculiar etymology …

Chambray also notes that the term logistique was present in the Dictionnaire de l'Académie française as a synonym for algebra.

The French word: logistique is a homonym of the existing mathematical term, from Ancient Greek: λογῐστῐκός, romanized: logistikós, a traditional division of Greek mathematics; the mathematical term is presumably the origin of the term logistic in logistic growth and related terms. Some sources give this instead as the source of logistics,[6] either ignorant of Jomini's statement that it was derived from logis, or dubious and instead believing it was in fact of Greek origin, or influenced by the existing term of Greek origin.
命名法
ロジスティクス(logistics)という用語は、1846年から英語での使用が確認されており、フランス語のlogistiqueに由来する。この用 語は、スイスの軍人であり作家でもあったアントワーヌ=アンリ・ジョミニ(Antoine-Henri Jomini)が、その著書『戦争術の概要』(Précis de l'Art de la Guerre)の中で定義した造語または一般化したものである。この用語は1830年版に登場し、当時は分析表(Tableau Analytique)と題されていた[4]。 宿舎」(英語の lodge と同義)、フランス語の maréchal des logis(宿舎の元帥)に由来するとジョミニは説明している[4]。 フランス語ではmaréchal des logis(マレシャル・デ・ロジ)、フランス語ではmajor-général des logis(メジャー・ジェネラル・デ・ロジ)である。 宿泊少将」:

以前は、参謀本部の将校たちは、maréchal des logis, major-général des logisと命名していた。以前は、参謀本部の将校は、宿営元帥、宿営少将という名前であった。そこから、兵站[logistique]という用語が生ま れた。

この用語はジョミニによるものとされ、1832年にジョルジュ・ド・シャンブレーがこの用語とその語源を批判し、次のように書いている[5]。

ロジスティック: 兵站学:この用語は私にとって全く新しいものである。... ロジスティック(logistics):この単語は、特殊な語源である。


ロジスティック:この単語は軍事文献のどこにも出てこないので、私にはまったく新しい単語に見える。...彼はこれを宿舎[logis]という言葉から派 生させたようだが、これは独特の語源である...

シャンブレーはまた、logistiqueという用語が代数学の同義語としてDictionnaire de l'Académie françaiseに存在したことを指摘している。

フランス語のlogistiqueは、古代ギリシャ語のλογῐστῐκός(ローマ字表記:logistikós)に由来する既存の数学用語の同音異義 語である。数学用語は、ロジスティック成長および関連用語におけるロジスティックという用語の起源であると推定される。いくつかの資料では、ロジスティク スの語源として代わりにこれを挙げているが[6]、これはロジスから派生したというジョミニの声明を知らないか、あるいは疑わしいと考え、代わりに実際に ギリシャ語起源であると信じているか、あるいはギリシャ語起源の既存の用語に影響を受けているかのいずれかである。
Definition
Jomini originally defined logistics as:[4]

... l'art de bien ordonner les marches d'une armée, de bien combiner l'ordre des troupes dans les colonnes, les tems [temps] de leur départ, leur itinéraire, les moyens de communications nécessaires pour assurer leur arrivée à point nommé ...

... the art of well-ordering the functionings of an army, of well combining the order of troops in columns, the times of their departure, their itinerary, the means of communication necessary to assure their arrival at a named point ...

The Oxford English Dictionary defines logistics as "the branch of military science relating to procuring, maintaining and transporting material, personnel and facilities". However, the New Oxford American Dictionary defines logistics as "the detailed coordination of a complex operation involving many people, facilities, or supplies", and the Oxford Dictionary on-line defines it as "the detailed organization and implementation of a complex operation".[7] As such, logistics is commonly seen as a branch of engineering that creates "people systems" rather than "machine systems".

According to the Council of Supply Chain Management Professionals (previously the Council of Logistics Management),[8] logistics is the process of planning, implementing and controlling procedures for the efficient and effective transportation and storage of goods including services and related information from the point of origin to the point of consumption for the purpose of conforming to customer requirements and includes inbound, outbound, internal and external movements.[9]

Academics and practitioners traditionally refer to the terms operations or production management when referring to physical transformations taking place in a single business location (factory, restaurant or even bank clerking) and reserve the term logistics for activities related to distribution, that is, moving products on the territory. Managing a distribution center is seen, therefore, as pertaining to the realm of logistics since, while in theory, the products made by a factory are ready for consumption they still need to be moved along the distribution network according to some logic, and the distribution center aggregates and processes orders coming from different areas of the territory. That being said, from a modeling perspective, there are similarities between operations management and logistics, and companies sometimes use hybrid professionals, with for example a "Director of Operations" or a "Logistics Officer" working on similar problems. Furthermore, the term "supply chain management" originally referred to, among other issues, having an integrated vision of both production and logistics from point of origin to point of production.[10] All these terms may suffer from semantic change as a side effect of advertising.
定義
ジョミニはロジスティクスを次のように定義した[4]。

... 兵站とは、軍隊の行軍の順序を整え、部隊の隊列の順序、出発の時間、行程、到着を保証するために必要な通信手段などをうまく組み合わせる術のことである。

... 軍隊の機能をうまく順序付ける技術、部隊の隊列の順序、出発の時間、旅程、指定された地点への到着を保証するために必要な通信手段をうまく組み合わせる技 術 ...

オックスフォード英語辞典は、ロジスティクスを「資材、人員、施設の調達、維持、輸送に関する軍事科学の一分野」と定義している。しかし、New Oxford American Dictionaryは、ロジスティクスを「多くの人、施設、物資を含む複雑な作戦の詳細な調整」と定義し、Oxford Dictionary on-lineは、ロジスティクスを「複雑な作戦の詳細な組織と実施」と定義している[7]。 このように、ロジスティクスは、一般的に「機械システム」ではなく「人システム」を創造する工学の一分野と見なされている。

サプライチェーン・マネジメント・プロフェッショナル協議会(旧ロジスティクス・マネジメント協議会)によれば[8]、ロジスティクスとは、顧客の要求に 適合することを目的として、サービス及び関連情報を含む物品を発地から消費地まで効率的かつ効果的に輸送及び保管するための手順を計画し、実施し、管理す るプロセスであり、インバウンド、アウトバウンド、内部及び外部の移動を含む[9]。

学者や実務家は、単一の事業所(工場、レストラン、あるいは銀行員)で行われる物理的な変革に言及する場合には、伝統的にオペレーション管理または生産管 理という用語を使用し、流通に関連する活動、すなわち製品を領域内で移動させることについてはロジスティクスという用語を留保している。したがって、物流 センターの管理は、ロジスティクスの領域に属すると見なされる。なぜなら、理論的には、工場で作られた製品はすぐに消費できる状態になっているが、それで もなお、何らかの論理に従って物流ネットワークに沿って移動させる必要があり、物流センターは地域のさまざまな地域から来る注文を集約して処理するからで ある。とはいえ、モデル化の観点からは、オペレーションズ・マネジメントとロジスティクスには類似点があり、企業では、例えば「オペレーションズ・ディレ クター」や「ロジスティクス・オフィサー」といったハイブリッドな専門家が同様の問題に取り組むこともある。さらに、「サプライ・チェーン・マネジメン ト」という用語は、元来、とりわけ、原産地から生産地までの生産と物流の両方を統合したビジョンを持つことを意味していた[10]。
Logistics activities

This section possibly contains original research. Please improve it by verifying the claims made and adding inline citations. Statements consisting only of original research should be removed. (January 2019) (Learn how and when to remove this template message)

Logistical activities can be divided into three main areas, namely order processing, inventory management, and freight transportation. Traditionally, order processing was a time-consuming activity that can take up to 70% of the order-cycle time. However, with the advent of new technologies such as bar code scanning, computers, and network connection, orders from customers can quickly reach the seller in no time and the availability of stocks can be checked in real-time. The purpose of having an inventory is to reduce the overall logistical cost while improving service to customers. Having a stockpile of finished goods beforehand can reduce the frequency of transportation to and from the customers and cope with the randomness of customer demands. However, maintaining an inventory requires capital investment in finished goods and maintaining a warehouse. Storage and order picking occupies for most of the warehouse maintenance cost. Freight transportation forms the key part of logistics and allows access to wide markets as goods can be transported to hundred or thousands of kilometers away. Freight transportation accounts for two-thirds of logistical costs and has a major impact on customer service. Transportation policies and warehouse management are closely intertwined.[2]

The rise of commercial transactions through the internet give rise to the need of "e-logistics". Compared to traditional logistics, e-logistics handle parcels that are valued at less than a hundred US dollars to customers scattered at various destinations around the world. In e-logistics, customers' demands come in waves, when compared to traditional logistics where the demand is consistent.[2]

Inbound logistics is one of the primary processes of logistics concentrating on purchasing and arranging the inbound movement of materials, parts, or unfinished inventory from suppliers to manufacturing or assembly plants, warehouses, or retail stores.

Outbound logistics is the process related to the storage and movement of the final product and the related information flows from the end of the production line to the end user.

Given the services performed by logisticians, the main fields of logistics can be broken down as follows:

Procurement logistics
Distribution logistics
After-sales logistics
Disposal logistics
Reverse logistics
Green logistics
Global logistics
Domestics logistics
Concierge service
Reliability, availability, and maintainability
Asset control logistics
Point-of-sale material logistics
Emergency logistics
Production logistics
Construction logistics
Capital project logistics
Digital logistics
Humanitarian logistics

Loading of a thermal oxidizer at the point of origin en route to a manufacturing plant
Procurement logistics consists of activities such as market research, requirements planning, make-or-buy decisions, supplier management, ordering, and order controlling. The targets in procurement logistics might be contradictory: maximizing efficiency by concentrating on core competences, outsourcing while maintaining the autonomy of the company, or minimizing procurement costs while maximizing security within the supply process.

Advance logistics consists of the activities required to set up or establish a plan for logistics activities to occur.

Global logistics is technically the process of managing the "flow" of goods through what is called a supply chain, from its place of production to other parts of the world. This often requires an intermodal transport system, transport via ocean, air, rail, and truck. The effectiveness of global logistics is measured in the Logistics Performance Index.

Distribution logistics has, as main tasks, the delivery of the finished products to the customer. It consists of order processing, warehousing, and transportation. Distribution logistics is necessary because the time, place, and quantity of production differ with the time, place, and quantity of consumption.[11]

Disposal logistics has as its main function to reduce logistics cost(s) and enhance service(s) related to the disposal of waste produced during the operation of a business.

Reverse logistics denotes all those operations related to the reuse of products and materials. The reverse logistics process includes the management and the sale of surpluses, as well as products being returned to vendors from buyers. It is "the process of planning, implementing, and controlling the efficient, cost-effective flow of raw materials, in-process inventory, finished goods and related information from the point of consumption to the point of origin for the purpose of recapturing value or proper disposal."[12] More precisely, reverse logistics is the process of moving goods from their typical final destination for the purpose of capturing value, or proper disposal. The opposite of reverse logistics is forward logistics.

Green logistics describes all attempts to measure and minimize the ecological impact of logistics activities. This includes all activities of the forward and reverse flows. This can be achieved through intermodal freight transport, path optimization, vehicle saturation and city logistics.

RAM logistics (see also Logistic engineering) combines both business logistics and military logistics since it is concerned with highly complicated technological systems for which reliability, availability and maintainability are essential, ex: weapon systems and military supercomputers.

Asset control logistics: companies in the retail channels, both organized retailers and suppliers, often deploy assets required for the display, preservation, promotion of their products. Some examples are refrigerators, stands, display monitors, seasonal equipment, poster stands & frames.


A forklift truck loads a pallet of humanitarian aid to Pakistan on board a C-17 aircraft, following devastating floods in the country in 2010

The Logistics Centre of the Finnish Red Cross in Tampere, Finland
Emergency logistics (or humanitarian logistics) is a term used by the logistics, supply chain, and manufacturing industries to denote specific time-critical modes of transport used to move goods rapidly in the event of an emergency.[13] The reason for enlisting emergency logistics services could be a production delay or anticipated production delay, or an urgent need for specialized equipment to prevent events such as aircraft being grounded (also known as "aircraft on ground"—AOG), ships being delayed, or telecommunications failure. Humanitarian logistics involves governments, the military, aid agencies, donors, non-governmental organizations and emergency logistics services are typically sourced from a specialist provider.[13][14]

The term production logistics describes logistic processes within a value-adding system (ex: factory or a mine). Production logistics aims to ensure that each machine and workstation receives the right product in the right quantity and quality at the right time. The concern is with production, testing, transportation, storage, and supply. Production logistics can operate in existing as well as new plants: since manufacturing in an existing plant is a constantly changing process, machines are exchanged and new ones added, which gives the opportunity to improve the production logistics system accordingly.[15] Production logistics provides the means to achieve customer response and capital efficiency. Production logistics becomes more important with decreasing batch sizes. In many industries (e.g. mobile phones), the short-term goal is a batch size of one, allowing even a single customer's demand to be fulfilled efficiently. Track and tracing, which is an essential part of production logistics due to product safety and reliability issues, is also gaining importance, especially in the automotive and medical industries.

Construction logistics has been employed by civilizations for thousands of years. As the various human civilizations tried to build the best possible works of construction for living and protection. Now construction logistics has emerged as a vital part of construction. In the past few years, construction logistics has emerged as a different field of knowledge and study within the subject of supply chain management and logistics.


ロジスティクス活動

このセクションには独自の研究が含まれている可能性があります。主張を検証し、インライン引用を追加することで改善してください。独自研究のみからなる記 述は削除してください。(2019年1月)(このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングを学ぶ)

物流活動は、受注処理、在庫管理、貨物輸送の3つに大別できる。従来、受注処理は時間のかかる活動であり、受注サイクル時間の70%を占めることもあっ た。しかし、バーコード・スキャニング、コンピューター、ネットワーク接続といった新技術の出現により、顧客からの注文はあっという間に売り手に届き、在 庫の有無もリアルタイムで確認できるようになった。在庫を持つ目的は、顧客へのサービスを向上させながら、全体的な物流コストを削減することである。完成 品をあらかじめ備蓄しておくことで、顧客との間の輸送頻度を減らし、顧客の需要のランダム性に対応することができる。しかし、在庫を維持するには、完成品 への設備投資と倉庫の維持が必要である。倉庫維持コストの大半は、保管とオーダーピッキングが占める。貨物輸送はロジスティクスの重要な部分を形成し、商 品を数百キロから数千キロ離れた場所まで輸送することができるため、広い市場へのアクセスを可能にする。貨物輸送は物流コストの3分の2を占め、顧客サー ビスに大きな影響を与える。輸送政策と倉庫管理は密接に絡み合っている[2]。

インターネットを通じた商取引の増加は、「e-ロジスティクス」の必要性を生じさせる。従来のロジスティクスと比較して、eロジスティクスは、世界中の様 々な目的地に散在する顧客に対して、100米ドル未満の小包を取り扱う。e-ロジスティクスでは、需要が一定である伝統的ロジスティクスと比較して、顧客 の需要は波がある[2]。

インバウンド・ロジスティクスは、ロジスティクスの主要なプロセスの一つであり、サプライヤーから製造工場、組立工場、倉庫、または小売店への材料、部 品、または未完成在庫のインバウンド移動の購入と手配に集中している。

アウトバウンド・ロジスティクスは、最終製品の保管と移動に関連するプロセスであり、生産ラインの末端からエンドユーザーまでの関連する情報の流れであ る。

ロジスティシャンが行うサービスを考えると、ロジスティクスの主な分野は以下のように分けられる:

調達物流
流通物流
アフターセールス物流
廃棄物流
リバース・ロジスティクス
グリーン物流
グローバル物流
国内物流
コンシェルジュサービス
信頼性・可用性・保守性
資産管理物流
店頭資材物流
緊急物流
生産物流
建設物流
設備プロジェクト物流
デジタル物流
人道的物流

原産地での製造工場への熱酸化剤の積み込み。
調達ロジスティクスは、市場調査、要求事項の計画、購入するかどうかの決定、サプライヤー管理、発注、注文管理などの活動から構成される。調達ロジスティ クスの目標は、コア・コンピタンスに集中して効率を最大化すること、企業の自主性を維持しながらアウトソーシングすること、あるいは、供給プロセスにおけ る安全性を最大化しながら調達コストを最小化することなど、相反するものかもしれない。

アドバンス・ロジスティクスは、ロジスティクス活動が発生するためのセットアップやプランの確立に必要な活動から構成される。

グローバル・ロジスティクスとは、技術的には、サプライチェーンと呼ばれるものを通じて、生産地から世界の他の地域までの物品の「流れ」を管理するプロセ スである。これにはしばしば、複合一貫輸送システム、海上、航空、鉄道、トラックによる輸送が必要となる。グローバル・ロジスティクスの有効性は、ロジス ティクス・パフォーマンス指数で測定される。

流通ロジスティクスの主な業務は、完成品を顧客に届けることである。これは、注文処理、倉庫保管、輸送で構成される。生産の時間、場所、量と消費の時間、 場所、量が異なるため、流通物流が必要である[11]。

廃棄ロジスティクスは、その主な機能として、事業の運営中に発生する廃棄物の処理に関連するロジスティクス・コスト(複数可)の削減とサービス(複数可) の向上を有する。

リバース・ロジスティクスとは、製品や材料の再利用に関連するすべての業務を指す。リバース・ロジスティクス・プロセスには、余剰品の管理と販売、および 買い手からベンダーに返品される製品が含まれる。より正確には、リバース・ロジスティクスとは、価値の奪還、または適切な廃棄を目的として、商品を典型的 な最終目的地から移動させるプロセスである。リバース・ロジスティクスの反対はフォワード・ロジスティクスである。

グリーン・ロジスティクスは、ロジスティクス活動の生態系への影響を測定し、最小化するすべての試みを記述する。これには、フォワード・フローとリバー ス・フローのすべての活動が含まれる。これは、複合一貫貨物輸送、経路の最適化、車両の飽和、都市物流によって達成できる。

RAMロジスティクス(ロジスティック・エンジニアリングも参照)は、信頼性、可用性、保守性が不可欠な高度に複雑な技術システム(例:兵器システム、軍 事用スーパーコンピューター)に関係するため、ビジネス・ロジスティクスと軍事ロジスティクスの両方を兼ね備えている。

資産管理ロジスティクス:小売チャネルに属する企業は、組織化された小売業者とサプライヤーの両方において、商品の陳列、保存、販売促進に必要な資産を配 備することが多い。冷蔵庫、スタンド、ディスプレイモニター、季節用品、ポスタースタンド、フレームなどがその例である。


2010年にパキスタンで発生した壊滅的な洪水を受けて、C-17航空機に人道支援物資のパレットを積み込むフォークリフト。

フィンランドのタンペレにあるフィンランド赤十字のロジスティクスセンター
緊急ロジスティクス(または人道的ロジスティクス)とは、ロジスティクス、サプライチェーン、および製造業で使用される用語で、緊急事態が発生した場合に 物資を迅速に移動させるために使用される特定のタイムクリティカルな輸送手段を指す[13]。緊急ロジスティクスサービスを利用する理由としては、生産の 遅れや予想される生産の遅れ、または航空機の着陸(「地上の航空機(AOG)」とも呼ばれる)、船舶の遅延、通信障害などの事象を防ぐための専門機器の緊 急の必要性が考えられる。人道的ロジスティクスには、政府、軍、援助機関、ドナー、非政府組織が関与しており、緊急ロジスティクスサービスは通常、専門業 者から調達される[13][14]。

生産ロジスティクスという用語は、付加価値システム(例:工場または鉱山)内のロジスティクスプロセスを説明する。生産ロジスティクスは、各機械及びワー クステーションが適切な製品を適切な量及び品質で適切な時期に確実に受け取ることを目的とする。生産、検査、輸送、保管、供給がその対象である。生産ロジ スティクスは、既存工場でも新設工場でも運用できる。既存工場での製造は常に変化するプロセスであるため、機械は交換され、新しい機械が追加される。生産 ロジスティクスは、バッチサイズが小さくなるほど重要になる。多くの産業(例:携帯電話)では、短期的な目標はバッチサイズ1個であり、単一の顧客の需要 でさえ効率的に満たすことができる。製品の安全性と信頼性の問題から生産ロジスティクスに不可欠な追跡も、特に自動車や医療産業で重要性を増している。

建設ロジスティクスは、何千年もの間、文明によって採用されてきた。様々な人類文明が、生活と保護のために最良の建築物を建設しようとしたように。そして 今、建設ロジスティクスは建設に不可欠なものとして台頭してきた。ここ数年、建設ロジスティクスは、サプライチェーンマネジメントとロジスティクスの中 で、異なる知識と研究の分野として浮上してきた。
Military logistics(→独立した項目「兵站(へいたん)」)
Main article:

Punjab Regiment uses mules for carrying cargo in Burma during WWII. Animals have been used for logistic purposes by different people throughout history; the Roman army in particular preferred mules over donkeys for their moving capacity.[17]

In military science, maintaining one's supply lines while disrupting those of the enemy is a crucial—some would say the most crucial—element of military strategy, since an armed force without resources and transportation is defenseless. The historical leaders Hannibal, Alexander the Great, and the Duke of Wellington are considered to have been logistical geniuses: Alexander's expedition benefited considerably from his meticulous attention to the provisioning of his army,[18] Hannibal is credited to have "taught logistics" to the Romans during the Punic Wars[19] and the success of the Anglo-Portuguese army in the Peninsula War was due to the effectiveness of Wellington's supply system, despite the numerical disadvantage.[20] The defeat of the British in the American War of Independence and the defeat of the Axis in the African theater of World War II are attributed by some scholars to logistical failures.[21]

Militaries have a significant need for logistics solutions and so have developed advanced implementations. Integrated logistics support (ILS) is a discipline used in military industries to ensure an easily supportable system with a robust customer service (logistic) concept at the lowest cost and in line with (often high) reliability, availability, maintainability, and other requirements, as defined for the project.

In military logistics, Logistics Officers manage how and when to move resources to the places they are needed.

Supply chain management in military logistics often deals with a number of variables in predicting cost, deterioration, consumption, and future demand. The United States Armed Forces' categorical supply classification was developed in such a way that categories of supply with similar consumption variables are grouped together for planning purposes. For instance, peacetime consumption of ammunition and fuel will be considerably lower than wartime consumption of these items, whereas other classes of supply such as subsistence and clothing have a relatively consistent consumption rate regardless of war or peace.

Some classes of supply have a linear demand relationship: as more troops are added, more supply items are needed; or as more equipment is used, more fuel and ammunition are consumed. Other classes of supply must consider a third variable besides usage and quantity: time. As equipment ages, more and more repair parts are needed over time, even when usage and quantity stay consistent. By recording and analyzing these trends over time and applying them to future scenarios, the US Armed Forces can accurately supply troops with the items necessary at the precise moment they are needed.[22] History has shown that good logistical planning creates a lean and efficient fighting force. The lack thereof can lead to a clunky, slow, and ill-equipped force with too much or too little supply.
軍事兵站
主な記事 兵站

第二次世界大戦中、ビルマで荷物を運ぶためにラバを使うパンジャブ連隊。動物は歴史を通じて様々な人々によって兵站の目的で使用されてきた。特にローマ軍 は、その移動能力のためにロバよりもラバを好んだ[17]。

軍事学において、敵の補給線を混乱させながら自軍の補給線を維持することは、軍事戦略の極めて重要な要素であり、最も重要な要素であると言う人もいる。歴 史上の指導者であるハンニバル、アレキサンダー大王、ウェリントン公爵は物流の天才だったと考えられている: アレキサンダーの遠征は、軍の補給に細心の注意を払ったことでかなりの恩恵を受けた[18]。ハンニバルは、ポエニ戦争中にローマ軍に「兵站学を教えた」 と信じられており[19]、半島戦争におけるイギリス・ポルトガル軍の成功は、数的不利にもかかわらずウェリントンの補給システムの有効性によるもので あった[20]。 [20] アメリカ独立戦争におけるイギリスの敗北や、第二次世界大戦のアフリカ戦線における枢軸国の敗北は、兵站の失敗が原因であるとする学者もいる[21]。

軍隊はロジスティクス・ソリューションに対する大きなニーズを持っており、そのため先進的な実装を開発してきた。統合ロジスティクス・サポート(ILS) とは、軍事産業で使用される規律であり、プロジェクトに定義された(多くの場合、高い)信頼性、可用性、保守性、およびその他の要件に沿って、最低コスト で、堅牢な顧客サービス(ロジスティクス)コンセプトを持つ容易にサポート可能なシステムを確保するためのものである。

軍事ロジスティクスでは、ロジスティクス・オフィサーは、資源を必要な場所にいつどのように移動させるかを管理する。

軍事ロジスティクスにおけるサプライチェーン管理は、コスト、劣化、消費、将来の需要を予測する上で、多くの変数を扱うことが多い。米軍のカテゴリー別補 給品分類は、消費変数が類似している補給品のカテゴリーを計画目的でグループ化するように開発された。例えば、弾薬や燃料の平時の消費量は、戦時の消費量 よりかなり少ないが、生活必需品や衣料品のような他の供給品目は、戦争や平和に関係なく、比較的一貫した消費率を持つ。

補給物資の中には、兵力が増えれば増えるほど、より多くの補給物資が必要になり、装備が増えれば増えるほど、より多くの燃料や弾薬が消費されるというよう に、直線的な需要関係を持つものもある。その他の補給品目は、使用量と数量以外に、時間という第三の変数を考慮しなければならない。装備品が古くなれば、 使用量や数量が一定であっても、時間の経過とともに、より多くの修理部品が必要になる。こうした経時的な傾向を記録・分析し、将来のシナリオに当てはめる ことで、米軍は必要なアイテムを必要な瞬間に正確に部隊に供給することができる[22]。歴史は、優れた後方支援計画が無駄のない効率的な戦闘部隊を生み 出すことを示している。その欠如は、供給が多すぎても少なすぎても、不格好で、鈍重で、装備の整わない部隊を生み出すことになる。
(→独立した項目「兵站(へいたん)」)
business logistics

One definition of business logistics speaks of "having the right item in the right quantity at the right time at the right place for the right price in the right condition to the right customer".[23] Business logistics incorporates all industry sectors and aims to manage the fruition of project life cycles, supply chains, and resultant efficiencies.

The term business logistics has evolved since the 1960s[24] due to the increasing complexity of supplying businesses with materials and shipping out products in an increasingly globalized supply chain, leading to a call for professionals called supply chain logisticians.

In business, logistics may have either an internal focus (inbound logistics) or an external focus (outbound logistics), covering the flow and storage of materials from point of origin to point of consumption (see supply-chain management). The main functions of a qualified logistician include inventory management, purchasing, transportation, warehousing, consultation, and the organizing and planning of these activities. Logisticians combine professional knowledge of each of these functions to coordinate resources in an organization.

There are two fundamentally different forms of logistics: one optimizes a steady flow of material through a network of transport links and storage nodes, while the other coordinates a sequence of resources to carry out some project (e.g., restructuring a warehouse).

Nodes of a distribution network
A distribution network would require several intermediaries to bring consumer or industrial goods from manufacturers to a user. Intermediaries would markup the costs of the products during distribution, but benefit users by providing lower transportation costs than the manufacturers. The number of intermediaries required for the distribution network depends upon the types of goods being distributed. For example, consumer goods such as cosmetics and handicrafts may not require any intermediaries as they can be sold door-to-door or can be obtained from local flea markets. For industrial goods such as raw materials and equipment, intermediaries are not needed because manufacturers can sell a large number of goods to a user. Generally, there are three types of intermediaries, namely: agent/broker, wholesaler, and retailer.[2]

The nodes of a distribution network include:

Factories where products are manufactured or assembled
A depot or deposit, a standard type of warehouse for storing merchandise (high level of inventory)
Distribution centers for order processing and order fulfillment (lower level of inventory) and also for receiving returning items from clients. Typically, distribution centers are way stations for products to be disbursed further down the supply chain. They usually do not ship inventory directly to customers, whereas fulfillment centers do.[citation needed]
Transit points for cross-docking activities, which consist of reassembling cargo units based on deliveries scheduled (only moving merchandise)
Traditional "mom-and-pop" retail stores, modern supermarkets, hypermarkets, discount stores or also voluntary chains, consumers' co-operatives, groups of consumers with collective buying power. Note that subsidiaries will be mostly owned by another company and franchisers, although using other company brands, actually own the point of sale.
Logistic families and metrics
A logistic family is a set of products that share a common characteristic: weight and volumetric characteristics, physical storing needs (temperature, radiation, etc.), handling needs, order frequency, package size, etc. The following metrics may be used by the company to organize its products in different families:[25]

Physical metrics used to evaluate inventory systems include stocking capacity, selectivity, superficial use, volumetric use, transport capacity, transport capacity use.
Monetary metrics used include space holding costs (building, shelving, and services) and handling costs (people, handling machinery, energy, and maintenance).
Other metrics may present themselves in both physical or monetary form, such as the standard inventory turnover.

Handling and order processing

Unit loads for transportation of luggage at the airport. In this case, the unit load has a protective function.
Unit loads are combinations of individual items which are moved by handling systems, usually employing a pallet of normed dimensions.[26]

Handling systems include: trans-pallet handlers, counterweight handler, retractable mast handler, bilateral handlers, trilateral handlers, AGV and other handlers.

Storage systems include: pile stocking, cell racks (either static or movable), cantilever racks and gravity racks.[27]

Order processing is a sequential process involving: processing withdrawal list, picking (selective removal of items from loading units), sorting (assembling items based on the destination), package formation (weighting, labeling, and packing), order consolidation (gathering packages into loading units for transportation, control and bill of lading).[28]

Picking can be both manual or automated. Manual picking can be both man-to-goods, i.e. operator using a cart or conveyor belt, or goods-to-man, i.e. the operator benefiting from the presence of a mini-load ASRS, vertical or horizontal carousel or from an Automatic Vertical Storage System (AVSS). Automatic picking is done either with dispensers or depalletizing robots.

Sorting can be done manually through carts or conveyor belts, or automatically through sorters.

Transportation
Main article: Cargo
Consolidating small shipments into large shipments can help to save transportation costs. There are three methods to do this: facility consolidation, multi-stop consolidation, and temporal consolidation. Facility consolidation uses the economics of scale by transporting small shipments over short distances and large shipments over long distances. Multi-stop consolidation makes multiple stops to consolidate small shipments in the case of less-than-truckload shipping. Temporal consolidation adjusts the shipping schedules forwards or backward so as to make a single large shipment rather than several small shipments over time.[2]

Cargo can be consolidated into pallets or containers. There are five basic modes of transport, namely, ship, rail, truck, air, and pipeline operated by different carrier. These shipping methods can be combined in various ways such as intermodal transport (no handling), multimodal transport, and combined transport (minimal road transport). A shipper chooses a carrier by taking into account the total cost of shipment and transit time. Air is the most expensive type of transport, followed by truck, rail, pipeline, and ship.[2]

Cargo can be organized in different shipment categories. Unit loads are usually assembled into higher standardized units such as: ISO containers, swap bodies or semi-trailers. Especially for very long distances, product transportation will likely benefit from using different transportation means: When moving cargo, typical constraints are maximum weight and volume.

Operators involved in transportation include: all train, road vehicles, boats, airplanes companies, couriers, freight forwarders and multi-modal transport operators.

Merchandise being transported internationally is usually subject to the Incoterms standards issued by the International Chamber of Commerce.

Configuration and management

Push-back rack for motorcycles, a LIFO rack system for storage
In the logistics business, a logistical system is designed at a minimum cost based on the expected customer service level. As the service improves, the number of sales also increased. As service is further improved, more sales are captured from competing providers. Further increase in customer service levels after these only increases sales marginally.[2]

Similarly to production systems, logistic systems need to be properly configured and managed. Actually a number of methodologies have been directly borrowed from operations management such as using Economic Order Quantity models for managing inventory in the nodes of the network.[29] Distribution resource planning (DRP) is similar to MRP, except that it does not concern activities inside the nodes of the network but planning distribution when moving goods through the links of the network.

Traditionally in logistics, configuration may be at the level of the warehouse (node) or at level of the distribution system (network).

Regarding a single warehouse, besides the issue of designing and building the warehouse, configuration means solving a number of interrelated technical-economic problems: dimensioning rack cells, choosing a palletizing method (manual or through robots), rack dimensioning and design, number of racks, number and typology of retrieval systems (e.g. stacker cranes). Some important constraints have to be satisfied: fork and load beams resistance to bending and proper placement of sprinklers. Although picking is more of a tactical planning decision than a configuration problem, it is important to take it into account when deciding the layout of the racks inside the warehouse and buying tools such as handlers and motorized carts since once those decisions are taken they will work as constraints when managing the warehouse, the same reasoning for sorting when designing the conveyor system or installing automatic dispensers.

Configuration at the level of the distribution system concerns primarily the problem of location of the nodes in geographic space and distribution of capacity among the nodes. The first may be referred to as facility location (with the special case of site selection) while the latter to as capacity allocation. The problem of outsourcing typically arises at this level: the nodes of a supply chain are very rarely owned by a single enterprise. Distribution networks can be characterized by numbers of levels, namely the number of intermediary nodes between supplier and consumer:

Direct store delivery, i.e. zero levels
One level network: central warehouse
Two level network: central and peripheral warehouses
This distinction is more useful for modeling purposes, but it relates also to a tactical decision regarding safety stocks: considering a two-level network, if safety inventory is kept only in peripheral warehouses then it is called a dependent system (from suppliers), if safety inventory is distributed among central and peripheral warehouses it is called an independent system (from suppliers).[25] Transportation from producer to the second level is called primary transportation, from the second level to a consumer is called secondary transportation.

Although configuring a distribution network from zero is possible, logisticians usually have to deal with restructuring existing networks due to presence of an array of factors: changing demand, product or process innovation, opportunities for outsourcing, change of government policy toward trade barriers, innovation in transportation means (both vehicles or thoroughfares), the introduction of regulations (notably those regarding pollution) and availability of ICT supporting systems (e.g. ERP or e-commerce).

Once a logistic system is configured, management, meaning tactical decisions, takes place, once again, at the level of the warehouse and of the distribution network. Decisions have to be made under a set of constraints: internal, such as using the available infrastructure, or external, such as complying with the given product shelf lifes and expiration dates.

At the warehouse level, the logistician must decide how to distribute merchandise over the racks. Three basic situations are traditionally considered: shared storage, dedicated storage (rack space reserved for specific merchandise) and class-based storage (class meaning merchandise organized in different areas according to their access index).


Airline logistic network. Denver works as a hub in the network.
Picking efficiency varies greatly depending on the situation.[28] For a man to goods situation, a distinction is carried out between high-level picking (vertical component significant) and low-level picking (vertical component insignificant). A number of tactical decisions regarding picking must be made:

Routing path: standard alternatives include transversal routing, return routing, midpoint routing, and largest gap return routing
Replenishment method: standard alternatives include equal space supply for each product class and equal time supply for each product class.
Picking logic: order picking vs batch picking
At the level of the distribution network, tactical decisions involve mainly inventory control and delivery path optimization. Note that the logistician may be required to manage the reverse flow along with the forward flow.

Warehouse management system and control
Although there is some overlap in functionality, warehouse management systems (WMS) can differ significantly from warehouse control systems (WCS). Simply put, a WMS plans a weekly activity forecast based on such factors as statistics and trends, whereas a WCS acts like a floor supervisor, working in real-time to get the job done by the most effective means. For instance, a WMS can tell the system that it is going to need five of stock-keeping unit (SKU) A and five of SKU B hours in advance, but by the time it acts, other considerations may have come into play or there could be a logjam on a conveyor. A WCS can prevent that problem by working in real-time and adapting to the situation by making a last-minute decision based on current activity and operational status. Working synergistically, WMS and WCS can resolve these issues and maximize efficiency for companies that rely on the effective operation of their warehouse or distribution center.[30]

Logistics outsourcing
Logistics outsourcing involves a relationship between a company and an LSP (logistic service provider), which, compared with basic logistics services, has more customized offerings, encompasses a broad number of service activities, is characterized by a long-term orientation, and thus has a strategic nature.[31]

Outsourcing does not have to be complete externalization to an LSP, but can also be partial:

A single contract for supplying a specific service on occasion
Creation of a spin-off
Creation of a joint venture
Third-party logistics (3PL) involves using external organizations to execute logistics activities that have traditionally been performed within an organization itself.[32] According to this definition, third-party logistics includes any form of outsourcing of logistics activities previously performed in house. For example, if a company with its own warehousing facilities decides to employ external transportation, this would be an example of third-party logistics. Logistics is an emerging business area in many countries. External 3PL providers have evolved from merely providing logistics capabilities to becoming real orchestrators of supply chains that create and sustain a competitive advantage, thus bringing about new levels of logistics outsourcing.[33]

The concept of a fourth-party logistics (4PL) provider was first defined by Andersen Consulting (now Accenture) as an integrator that assembles the resources, planning capabilities, and technology of its own organization and other organizations to design, build, and run comprehensive supply chain solutions. Whereas a third-party logistics (3PL) service provider targets a single function, a 4PL targets management of the entire process. Some have described a 4PL as a general contractor that manages other 3PLs, truckers, forwarders, custom house agents, and others, essentially taking responsibility of a complete process for the customer.

Horizontal alliances between logistics service providers
Horizontal business alliances often occur between logistics service providers, i.e., the cooperation between two or more logistics companies that are potentially competing.[34] In a horizontal alliance, these partners can benefit twofold. On one hand, they can "access tangible resources which are directly exploitable". In this example extending common transportation networks, their warehouse infrastructure and the ability to provide more complex service packages can be achieved by combining resources. On the other hand, partners can "access intangible resources, which are not directly exploitable". This typically includes know-how and information and, in turn, innovation.[34]
ビジネスロジスティクス

ビジネスロジスティクスの1つの定義は、「適切な品目を適切な時期に適切な場所で適切な量、適切な価格で適切な顧客に提供する」ことである[23]。ビジ ネスロジスティクスは、すべての産業部門を取り込み、プロジェクトのライフサイクル、サプライチェーン、および結果として生じる効率の結実を管理すること を目指している。

ビジネス・ロジスティクスという用語は、1960年代から発展してきた[24]。その理由は、ますますグローバル化するサプライチェーンにおいて、企業に 資材を供給し、製品を出荷することが複雑化し、サプライチェーン・ロジスティシャンと呼ばれる専門家が求められるようになったためである。

ビジネスにおいて、ロジスティクスは、内部的な焦点(インバウンド・ロジスティクス)または外部的な焦点(アウトバウンド・ロジスティクス)のいずれかを 有し、原産地から消費地までの材料の流れと保管をカバーする(サプライチェーンマネジメントを参照)。資格のあるロジスティシャンの主な機能には、在庫管 理、購買、輸送、倉庫管理、コンサルティング、およびこれらの活動の組織化と計画が含まれる。ロジスティシャンは、これらの各機能の専門知識を組み合わせ て、組織内のリソースを調整する。

ロジスティクスには基本的に2つの異なる形態がある。1つは、輸送リンクと保管ノードのネットワークを介した物質の安定した流れを最適化するものであり、 もう1つは、何らかのプロジェクト(例えば、倉庫の再構築)を遂行するための一連の資源を調整するものである。

流通ネットワークのノード
流通ネットワークでは、消費財や工業製品を製造業者からユーザーに届けるために、複数の仲介業者が必要となる。仲介業者は、流通の過程で製品のコストを マークアップするが、メーカーよりも低い輸送コストを提供することで、ユーザーに利益をもたらす。流通ネットワークに必要な仲介業者の数は、流通する商品 の種類によって異なる。例えば、化粧品や手工芸品のような消費財は、訪問販売や地元のフリーマーケットで入手できるため、仲介業者は必要ないかもしれな い。原材料や設備のような工業製品については、製造業者が多数の商品をユーザーに販売できるため、仲介業者は必要ない。一般的に、仲介業者には代理店/ブ ローカー、卸売業者、小売業者の3種類がある[2]。

流通ネットワークのノードには以下が含まれる:

製品が製造または組み立てられる工場
デポまたはデポジット、商品(高レベルの在庫)を保管するための倉庫の標準的なタイプ
注文処理と注文処理(低レベルの在庫)、および顧客からの返品商品を受け取るための配送センター。通常、配送センターは、サプライチェーンのさらに下流に 商品を配送するための中継地点である。フルフィルメント・センターがそうであるのに対し、物流センターは通常、在庫を顧客に直接出荷しない[要出典]。
予定された配送に基づいて貨物ユニットを再組み立てするクロスドッキング活動の中継点(移動する商品のみ)
伝統的な「ママ&ポップ」小売店、近代的スーパーマーケット、ハイパーマーケット、ディスカウントストア、あるいはボランタリーチェーン、消費者協同組 合、集団購買力を持つ消費者のグループ。子会社はほとんどが他社に所有され、フランチャイザーは他社ブランドを使用しながらも、実際には販売拠点を所有し ていることに注意。
ロジスティック・ファミリーと測定基準
ロジスティック・ファミリーとは、重量や容積の特性、物理的な保管の必要性(温度、放射線など)、取り扱いの必要性、注文頻度、パッケージのサイズなど、 共通の特徴を持つ製品の集合である。以下のメトリクスは、企業が製品を異なるファミリーで整理するために使用することができる:[25]。

在庫システムを評価するために使用される物理的メトリクスには、在庫能力、選択性、表面的使用、容積的使用、輸送能力、輸送能力使用が含まれる。
使用される金銭的メトリクスには、スペース保持コスト(建物、棚、サービス)、ハンドリングコスト(人、ハンドリング機械、エネルギー、メンテナンス)が 含まれる。
他の測定基準は、標準在庫回転率のような物理的または金銭的な形態で現れるかもしれない。

ハンドリングとオーダー処理

空港での荷物輸送の単位荷重。この場合、ユニットロードには保護機能がある。
ユニット・ロードは、ハンドリング・システムによって移動される個々の品目の組み合わせであり、通常、規格化された寸法のパレットを用いる[26]。

ハンドリングシステムには、トランスパレットハンドラー、カウンターウェイトハンドラー、リトラクタブルマストハンドラー、バイラテラルハンドラー、トリ ラテラルハンドラー、AGVおよびその他のハンドラーが含まれる。

保管システムには、パイルストック、セルラック(静止型または可動型)、カンチレバーラック、重力ラックなどがある[27]。

オーダー処理は、出金リストの処理、ピッキング(ローディングユニットからの品目の選択的な取り出し)、ソート(目的地に基づいて品目を組み立てる)、 パッケージ形成(計量、ラベリング、梱包)、オーダーコンソリデーション(輸送、管理、船荷証券のためのローディングユニットへのパッケージの収集)を含 む連続プロセスである[28]。

ピッキングには手動と自動がある。手動ピッキングは、作業者がカートまたはベルトコンベアを使用するマンツーマン、または作業者がミニロードASRS、垂 直または水平カルーセル、または自動垂直保管システム(AVSS)を使用するマンツーマンの両方がある。自動ピッキングは、ディスペンサーまたはデパレタ イズロボットによって行われます。

仕分けは、カートまたはベルトコンベヤーによる手動仕分けと、ソーターによる自動仕分けがあります。

輸送
主な記事 貨物
小口貨物を大口貨物にまとめれば、輸送コストを節約できる。これには3つの方法がある:施設混載、多拠点混載、時間混載。施設混載は、小口貨物を短距離 で、大口貨物を長距離で輸送することにより、規模の経済性を利用する。マルチストップ・コンソリデーションは、トラック積載量未満の小口貨物を輸送する場 合、複数の地点に立ち寄り、小口貨物を集約する。時間的混載は、出荷スケジュールを前方または後方に調整し、時間をかけて複数の小口出荷を行うのではな く、単一の大口出荷を行うようにする[2]。

貨物はパレットやコンテナにまとめることができる。基本的な輸送手段には、船、鉄道、トラック、航空、パイプラインの5つがあり、それぞれ異なる輸送業者 によって運営されている。これらの輸送方法は、複合一貫輸送(ハンドリングなし)、複合一貫輸送、複合輸送(最小限の道路輸送)など、さまざまな方法で組 み合わせることができる。荷送人は、貨物の総コストと輸送時間を考慮して輸送会社を選択する。航空輸送が最もコストが高く、次いでトラック、鉄道、パイプ ライン、船舶の順である[2]。

貨物は、さまざまな貨物カテゴリーに編成することができる。単位貨物は通常、次のような標準化された単位に組み立てられる: ISOコンテナ、スワップボディ、セミトレーラなどである。特に非常に長距離の場合、製品輸送は異なる輸送手段を使用することで恩恵を受ける可能性が高 い: 貨物を輸送する場合、典型的な制約は最大重量と容積です。

輸送に携わる事業者には、鉄道、道路車両、船舶、航空機会社、宅配業者、貨物運送業者、複合輸送事業者などがある。

国際輸送される商品は、通常、国際商業会議所が発行するインコタームズの基準に従う。

構成と管理

二輪車用プッシュバックラック、保管用LIFOラックシステム
ロジスティクス・ビジネスでは、物流システムは期待される顧客サービス・レベルに基づいて最小限のコストで設計される。サービスが向上すれば、販売台数も 増加する。サービスがさらに向上すると、競合プロバイダーからより多くの売上を獲得することができる。この後、顧客サービスレベルをさらに向上させても、 売上はわずかしか増加しない[2]。

生産システムと同様に、物流システムも適切に構成され、管理される必要がある。実際、多くの方法論が、ネットワークのノード内の在庫を管理するための経済 発注量モデルの使用など、オペレーション管理から直接借用されている[29]。流通資源計画(DRP)は、ネットワークのノード内の活動に関係しないが、 ネットワークのリンクを通じて商品を移動する際の流通を計画することを除いて、MRPに似ている。

伝統的にロジスティクスでは、構成は倉庫(ノード)のレベルである場合もあれば、流通システム(ネットワーク)のレベルである場合もある。

一つの倉庫について言えば、倉庫を設計し建設するという問題のほかに、コンフィギュレーションは、相互に関連する多くの技術的・経済的問題を解決すること を意味する。すなわち、ラックセルの寸法、パレタイジング方法(手動またはロボットによる)の選択、ラックの寸法と設計、ラックの数、検索システム(ス タッカークレーンなど)の数と種類である。フォークやロードビームの曲げに対する耐性、スプリンクラーの適切な配置など、いくつかの重要な制約を満たさな ければなりません。ピッキングは、コンフィギュレーション問題というよりは戦術的な計画決定ですが、倉庫内のラックのレイアウトを決めたり、ハンドラーや 電動カートなどのツールを購入したりする際には、それを考慮に入れることが重要です。

流通システムのレベルでの構成は、主に地理的空間におけるノードの位置と、ノード間の容量の分配の問題に関係する。前者は施設立地(立地選択という特殊な ケースを含む)と呼ばれ、後者は容量配分と呼ばれる。アウトソーシングの問題は、典型的にはこのレベルで生じる。サプライチェーンのノードが単一の企業に よって所有されることは非常にまれである。流通ネットワークは、レベルの数、すなわち供給者と消費者の間にある仲介ノードの数によって特徴づけることがで きる:

直接店舗配送、すなわちレベルゼロ
1レベルネットワーク:中央倉庫
2レベルネットワーク:中央倉庫と周辺倉庫
この区別はモデリング目的により有用であるが、安全在庫に関する戦術的決定にも関係する。2レベルネットワークを考慮すると、安全在庫が周辺倉庫にのみ保 管されている場合、(サプライヤーからの)依存システムと呼ばれ、安全在庫が中央倉庫と周辺倉庫に分散されている場合、(サプライヤーからの)独立システ ムと呼ばれる[25]。生産者から第2レベルへの輸送は一次輸送と呼ばれ、第2レベルから消費者への輸送は二次輸送と呼ばれる。

ゼロから物流ネットワークを構成することは可能であるが、物流担当者は通常、需要の変化、製品やプロセスの革新、アウトソーシングの機会、貿易障壁に対す る政府の政策の変化、輸送手段(車両や幹線道路)の革新、規制の導入(特に公害に関するもの)、ICT支援システム(ERPやeコマースなど)の利用可能 性など、さまざまな要因の存在により、既存のネットワークの再構築に対処しなければならない。

物流システムが構成されると、管理、つまり戦術的な決定は、再び倉庫と物流ネットワークのレベルで行われる。利用可能なインフラを利用するといった内部的 な制約や、与えられた製品の賞味期限や消費期限を遵守するといった外部的な制約のもとで、意思決定を行わなければならない。

倉庫レベルでは、ロジスティシャンは商品をどのようにラックに分配するかを決定しなければならない。伝統的に3つの基本的な状況が考慮される:共有スト レージ、専用ストレージ(特定の商品のために予約されたラックスペース)、クラスベースのストレージ(クラスは、そのアクセスインデックスに従って異なる 領域に編成された商品を意味する)。


航空会社の物流ネットワーク。デンバーはネットワークのハブとして機能する。
ピッキングの効率は状況によって大きく異なる[28]。マンツーマンの状況では、ハイレベルピッキング(垂直成分が大きい)とローレベルピッキング(垂直 成分が小さい)の区別が行われる。ピッキングに関する多くの戦術的決定を下さなければならない:

ルーティング経路:標準的な選択肢には、横方向ルーティング、リターンルーティング、中間点ルーティング、最大ギャップリターンルーティングがある。
補充方法:標準的な選択肢には、各商品クラスに対する均等なスペース供給、各商品クラスに対する均等な時間供給がある。
ピッキングの論理:オーダーピッキングとバッチピッキングの比較
流通ネットワークのレベルでは、戦術的決定は主に在庫コントロールと配送経路の最適化を含む。ロジスティシャンはフォワードフローとともにリバースフロー を管理する必要がある場合があることに注意。

倉庫管理システムとコントロール
機能的には重複する部分もあるが、倉庫管理システム(WMS)は倉庫管理システム(WCS)とは大きく異なる場合がある。簡単に言えば、WMSが統計やト レンドなどの要素に基づいて週間活動予測を計画するのに対して、WCSは、最も効果的な手段で仕事を終わらせるためにリアルタイムで作業する、フロア監督 のような役割を果たします。例えば、WMSは、数時間前に在庫管理ユニット(SKU)AとSKU Bが5つずつ必要であることをシステムに伝えることができる。WCSは、リアルタイムで動作し、現在のアクティビティと稼動状況に基づいて直前の判断を下 すことで状況に適応することで、そのような問題を防ぐことができる。相乗的に機能するWMSとWCSは、倉庫や配送センターの効果的な運用に依存している 企業にとって、これらの問題を解決し、効率を最大化することができる[30]。

物流アウトソーシング
ロジスティクス・アウトソーシングは、企業とLSP(ロジスティクス・サービス・プロバイダー)との関係を含み、基本的なロジスティクス・サービスと比較 して、よりカスタマイズされたサービスを提供し、広範な数のサービス活動を包含し、長期的志向を特徴とし、したがって戦略的性質を有する[31]。

アウトソーシングは、LSPへの完全な外部化である必要はなく、部分的な外部化も可能である:

特定のサービスを提供するための単発契約
スピンオフ企業の設立
合弁会社の設立
この定義によれば、サードパーティ・ロジスティクスには、従来自社内で行われていたロジスティクス活 動のあらゆる形態のアウトソーシングが含まれる[32]。例えば、自社で倉庫施設を持つ企業が外部輸送を採用することを決定した場合、これはサードパー ティロジスティクスの一例であろう。ロジスティクスは、多くの国で新興のビジネス分野である。外部の3PLプロバイダーは、単にロジスティクス能力を提供 することから、競争上の優位性を創出し維持するサプライチェーンの真のオーケストレーターへと進化しており、その結果、ロジスティクスのアウトソーシング に新たなレベルをもたらしている[33]。

第4者ロジスティクス(4PL)プロバイダーの概念は、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)により、包括的なサプライチェーン・ソリュー ションを設計、構築、運営するために、自らの組織及び他の組織の資源、計画能力、及び技術を結集するインテグレーターとして最初に定義された。サードパー ティ・ロジスティクス(3PL)サービス・プロバイダーが単一の機能を対象とするのに対し、4PLはプロセス全体の管理を対象とする。4PLを、他の 3PL、トラック業者、フォワーダー、通関業者、その他を管理するゼネコンと表現する人もおり、基本的に顧客のために完全なプロセスの責任を負う。

ロジスティクス・サービス・プロバイダー間の水平提携
水平的業務提携は、物流サービス・プロバイダー間でしばしば発生する。すなわち、潜在的に競合関係にある2つ以上の物流会社間の協力である[34]。水平 的提携において、これらのパートナーは2つの利益を得ることができる。一方では、「直接利用可能な有形資源へのアクセス」が可能である。この例では、共通 の輸送ネットワーク、倉庫インフラ、より複雑なサービス・パッケージを提供する能力を、リソースを組み合わせることによって拡張することができる。一方、 パートナーは「直接利用できない無形の資源にアクセスする」ことができる。これには通常、ノウハウや情報、ひいてはイノベーションが含まれる[34]。
Logistics automation
Main article: Logistics automation

Automated storage and retrieval system used by the U.S. military, also used by business in conjunction with manual picking.

Logistics automation is the application of computer software or automated machinery to improve the efficiency of logistics operations. Typically, this refers to operations within a warehouse or distribution center with broader tasks undertaken by supply chain engineering systems and enterprise resource planning systems.

Industrial machinery can typically identify products through either barcode or RFID technologies. Information in traditional bar codes is stored as a sequence of black and white bars varying in width, which when read by laser is translated into a digital sequence, which according to fixed rules can be converted into a decimal number or other data. Sometimes information in a bar code can be transmitted through radio frequency, more typically radio transmission is used in RFID tags. An RFID tag is a card containing a memory chip and an antenna that transmits signals to a reader. RFID may be found on merchandise, animals, vehicles, and people as well.
物流の自動化
主な記事 物流の自動化

米軍で使用されている自動保管・検索システム。ビジネスでも手動ピッキングと併用されている。

ロジスティクスの自動化とは、ロジスティクス業務の効率を向上させるために、コンピューターソフトウェアや自動機械を応用することである。通常、これは倉 庫や配送センター内のオペレーションを指し、より広範なタスクはサプライチェーンエンジニアリングシステムや企業資源計画システムによって行われる。産業 機械は通常、バーコードまたはRFID技術のいずれかによって製品を識別することができる。従来のバーコードの情報は、幅の異なる黒と白のバーのシーケン スとして保存され、レーザーで読み取られるとデジタルシーケンスに変換され、一定の規則に従って10進数やその他のデータに変換することができる。バー コードの情報は無線周波数を通して送信されることもあるが、より一般的な無線送信はRFIDタグで使用される。RFIDタグは、メモリーチップと、リー ダーに信号を送信するアンテナを含むカードである。RFIDは、商品、動物、車両、人間にも付いていることがある。
Logistics: profession and organizations
A logistician is a professional logistics practitioner. Professional logisticians are often certified by professional associations. One can either work in a pure logistics company, such as a shipping line, airport, or freight forwarder, or within the logistics department of a company. However, as mentioned above, logistics is a broad field, encompassing procurement, production, distribution, and disposal activities. Hence, career perspectives are broad as well. A new trend[as of?] in the industry is the 4PL, or fourth-party logistics, firms, consulting companies offering logistics services.

Some universities and academic institutions train students as logisticians, offering undergraduate and postgraduate programs. A university with a primary focus on logistics is Kühne Logistics University in Hamburg, Germany. It is non-profit and supported by Kühne-Foundation of the logistics entrepreneur Klaus Michael Kühne.

The Chartered Institute of Logistics and Transport (CILT), established in the United Kingdom in 1919, received a Royal Charter in 1926. The Chartered Institute is one of the professional bodies or institutions for the logistics and transport sectors that offer professional qualifications or degrees in logistics management. CILT programs can be studied at centers around the UK, some of which also offer distance learning options.[35] The institute also have overseas branches namely The Chartered Institute of Logistics & Transport Australia (CILTA)[36] in Australia and Chartered Institute of Logistics and Transport in Hong Kong (CILTHK)[37] in Hong Kong. In the UK, Logistics Management[38] programs are conducted by many universities and professional bodies such as CILT. These programs are generally offered at the postgraduate level.

The Global Institute of Logistics[39] established in New York in 2003 is a think tank for the profession and is primarily concerned with intercontinental maritime logistics. It is particularly concerned with container logistics and the role of the seaport authority in the maritime logistics chain.

The International Association of Public Health Logisticians (IAPHL)[40] is a professional network that promotes the professional development of supply chain managers and others working in the field of public health logistics and commodity security, with particular focus on developing countries. The association supports logisticians worldwide by providing a community of practice, where members can network, exchange ideas, and improve their professional skills.

Key Issue for Logistics Industry
Environmental sustainability is another key issue for the logistics industry. With transportation accounting for a significant portion of global greenhouse gas emissions, logistics companies are under increasing pressure to reduce their environmental impact. This has led to the development of alternative fuels, such as electric and hydrogen-powered vehicles, as well as the use of renewable energy sources for logistics facilities.

Logistics museums
There are many museums in the world which cover various aspects of practical logistics. These include museums of transportation, customs, packing, and industry-based logistics. However, only the following museums are fully dedicated to logistics:

General logistics

Logistics Museum (Saint Petersburg, Russia)[41]
Museum of Logistics (Tokyo, Japan)[42]
Beijing Wuzi University Logistics Museum (Beijing, China)
Military logistics

Royal Logistic Corps Museum (Hampshire, England, United Kingdom)
The Canadian Forces Logistics Museum (Montreal, Quebec, Canada)[43]
Logistics Museum (Hanoi, Vietnam)

ロジスティクス:職業と組織
ロジスティシャンとは、物流のプロフェッショナルである。プロのロジスティシャンは、多くの場合、プロの協会によって認定されている。船会社、空港、貨物 輸送会社などの純粋な物流会社で働くことも、企業の物流部門で働くこともできる。しかし、前述したように、ロジスティクスは調達、生産、流通、廃棄活動を 含む幅広い分野である。したがって、キャリアの視野も広い。業界の新しいトレンド[現在?]は、4PL(第4者物流)企業、すなわち物流サービスを提供す るコンサルティング会社である。

大学や学術機関の中には、学生をロジスティシャンとして養成し、学部課程や大学院課程を提供しているところもある。ロジスティクスに主眼を置いた大学とし ては、ドイツのハンブルグにあるキューネ・ロジスティクス大学がある。この大学は非営利で、物流企業家クラウス・ミヒャエル・キューネのキューネ財団が支 援している。

1919年に英国で設立されたChartered Institute of Logistics and Transport (CILT)は、1926年に英国王室御用達となった。チャータード・インスティテュートは、ロジスティクス・マネジメントの専門資格や学位を提供する、 ロジスティクスおよび運輸分野の専門機関や団体のひとつである。CILTのプログラムは、英国各地のセンターで学ぶことができ、そのうちのいくつかは通信 教育のオプションも提供している[35]。また、海外支部として、オーストラリアにChartered Institute of Logistics & Transport Australia(CILTA)[36]、香港にChartered Institute of Logistics and Transport in Hong Kong(CILTHK)[37]がある。英国では、ロジスティクス・マネジメント(Logistics Management)[38]プログラムが、多くの大学及び CILT 等の専門機関により実施されている。これらのプログラムは一般に大学院レベルで提供されている。

2003年にニューヨークで設立されたGlobal Institute of Logistics[39]は、この専門職のためのシンクタンクであり、主に大陸間の海上物流に関係している。特にコンテナ物流と、海上物流チェーンにお ける港湾当局の役割に関心を持っている。

国際公衆衛生ロジスティシャン協会(IAPHL)[40]は、特に発展途上国に焦点を当て、公衆衛生ロジスティクスと商品安全保障の分野で働くサプライ チェーンマネージャー等の専門的な能力開発を促進する専門家ネットワークである。同協会は、会員がネットワークを構築し、アイデアを交換し、専門的スキル を向上させることができる実践のコミュニティを提供することにより、世界中のロジスティシャンを支援している。

ロジスティクス業界の重要課題
環境の持続可能性もまた、ロジスティクス業界にとって重要な課題である。世界の温室効果ガス排出量の大部分を輸送が占める中、ロジスティクス企業は環境へ の影響を削減するよう、ますます強く求められている。そのため、電気自動車や水素自動車といった代替燃料の開発や、物流施設における再生可能エネルギーの 利用が進められている。

物流博物館
世界には、実用的な物流の様々な側面を扱う博物館が数多くある。これらには、輸送、通関、梱包、産業ベースの物流の博物館が含まれる。しかし、物流に完全 に特化した博物館は以下のものだけである:

総合物流

物流博物館(ロシア、サンクトペテルブルク)[41]。
(日本、東京)[42]。
北京五子大学物流博物館(中国、北京)
軍事ロジスティクス

英国王立兵站隊博物館(イギリス、ハンプシャー州)
カナダ軍ロジスティクス博物館(カナダ・ケベック州モントリオール)[43]
兵站博物館(ベトナム・ハノイ)
Automated identification and data capture
Document automation in supply chain management and logistics
Field inventory management
Freight claim
Freight forwarder
Incoterms
Containerization
Integrated Service Provider
Inventory management software
Performance-based logistics
Physical inventory
Sales territory
Storage management system
Blockchain
Dutch flower bucket
Self-driving truck
Automated storage and retrieval system
Automated guided vehicle

● 近代ロジスティクスの歴史(ダグラス・M・ラ ンバート, 2000による)

  • 1901年 - 農産物の流通におけるコストとその他の要因を論じる書籍の出版。
  • 1916年 - ロジスティクスの戦略的な側面を論じる書籍の出版。
  • 1916年 - マーケティングと流通チャネルのコンセプトを紹介する書籍の出版。
  • 1922年 - 物流と物の所有権の移動に影響を与えるものとしてマーケティングが紹介されている書籍の出版。
  • 1927年 - 現在使われているような意味でロジスティクスの定義付けが行われた。
  • 1950年代 - マーケティングのコンセプトの発達。
  • 1954年 - ビジネス界と教育界の権威がその著作『The other half of marketing』にてマーケティングにおける物流 (Phisical distribution) の側面を調査する必要性を唱える書籍を出版。
  • 1956年 - ロジスティクスにおけるコスト分析のコンセプトを紹介する書籍の出版。
  • 1960年代初期 - ロジスティクスマネジメントのコンセプトの企業による実践を紹介するレポートの出版。
  • 1960年代初期 - ミシガン州立大学とオハイオ州立大学でロジスティクスの教育開始。
  • 1961年 - 物流 (Phisical distribution) の初期のテキスト出版。
  • 1962年 - ピーター・ドラッカーが雑誌記事「経済の暗黒大陸」でロジスティクスを論じる。
  • 1963年 - 業界団体「National Council of Physical Distribution」発足。(現CSCMP)
  • 1969年 - Donald J. Bowersox がその著作で歴史的な視点からロジスティクスマネジメントを論じる。
  • 1972年 - ロジスティクスの成功における会計情報の重要性を論じる論文の出版。
  • 1976年 - がロジスティクス費用の構成要素と在庫コストの計算を論じる論文を出版。
  • 1976年 - Bernard J. Ladonde 等が米国企業の顧客サービスの評価方法を論じる論文を出版。
  • 1978年 - A. T. Kearney (コンサルティング会社)が物流 (Physical distribution) の効率性測定を論じるレポートを発表。
  • 1970年代~1980年代 - MRP, MRPII, DRP, DRPII, Kanban, Just-in-time 等の技術の発達。
  • 1970年代末期~1980年代初期 - 空運、陸運、鉄道、海運業界の規制緩和。
  • 1980年代 - ロジスティクス管理におけるコンピュータの利用増加。
  • 1984年 - ハーバード・ビジネス・レビューでロジスティクスの重要性が論じられる。
  • 1985年 - マイケル・ポーターがバリュー・チェーンにおけるロジスティクスの役割を論じる。
  • 1987年 - 米国議会による Malcolm Caldrige National Quality Award の創設。

リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099